中国の「貧困脱却」政策、累計8239万人が貧困から抜け出す―中国メディア

環球網    2019年3月18日(月) 19時30分

拡大

中国国務院の貧困支援援助弁公室によると、2018年の中国の貧困脱却人数は1386万人に達し、貧困発生率は前年より1.4ポイント引き下がったことが明らかになった。写真は支援を受けた人々が参加した春節関連イベント。

中国国務院の貧困支援援助弁公室によると、2018年の中国の貧困脱却人数は1386万人に達し、貧困発生率は前年より1.4ポイント引き下がったことが明らかになった。2013年から2018年にかけて、中国は6年連続で年平均1000万人以上の貧困脱却任務を完成し、累計8239万人を貧困から救い、貧困発生率を10.2%から1.7%にまで下げることに成功した。

資金面では、2018年の中央財政専門貧困支援資金増額分の6割に当たる120億元が「三区三州」(チベット自治区や甘粛省夏州など特に深刻な貧困にあえぐ3つの区と3つの州)に投じられた。

また、具体的な貧困支援措置として、産業による貧困支援(貧困地域をサポートして特色ある産業を発展させる)、就職による貧困支援(貧困地域の人の就職を実現させる)、教育による貧困支援(貧困地域にある学校の環境を改善する)、健康による貧困支援(貧困地域の医療条件を改善する。累計1000万人以上の貧困人口を治療)、生態による貧困支援(貧困地域から約50万人の森林生態保護員を雇う)などの措置が挙げられる。

2019年に中国は、「貧困脱却」にいっそう力を注ぎ、特殊貧困人口の保障措置を着実に実現しようと努力していく。国務院貧困支援弁公室の劉永富主任によると、2019年は300の貧困県、1000万人以上が貧困から抜け出せる見通しだ。(提供/環球網・編集/黄テイ)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携