東京五輪の柔道の畳に中国製、日本での不満の声に中国メディアが反論

配信日時:2019年3月18日(月) 12時40分
東京五輪の柔道の畳に中国製、日本での不満の声に中国メディアが反論
画像ID  1076165
17日、新浪体育は、2020東京五輪の柔道で採用される中国製の畳について、日本から不満の声が出ていることに対して反論する記事を掲載した。資料写真。
2019年3月17日、新浪体育は、2020東京五輪の柔道で採用される中国製の畳について、日本から不満の声が出ていることに対して反論する記事を掲載した。

記事は、全日本柔道連盟が12日、来年の東京五輪で中国メーカー・泰山(タイシャン)の畳を使用すると発表したことを紹介。この発表に日本国内では「なぜ中国製の畳を使うのか。日本のものではないなんて恥だ」「国内で行う国技の試合なのに外国のものを使うのか」などの不満の声が出ているほか、柔道関係者からは、泰山の畳は日本の畳より滑りやすいため、寝技が得意な日本選手に不利だとの声も出たと伝えた。

しかし記事は、「泰山の柔道畳は早くから国際柔道連盟の審査に合格しており、08年の北京五輪でも使用された。天然畳は高価であるため、多くの国で使用することができず、柔道普及のために国際柔道界ではかなり前から天然畳を新素材の人工畳に替えている。実際のところ、日本人選手が国際試合に参加する際は、いずれもこの種の畳であるが、金メダルが減ることはない。したがって、滑りやすいとか使い勝手が悪いなどというのは、単なるわがままだ」と反論した。

さらに、「結局のところ、これは日本の柔道畳メーカーが五輪でひともうけしたいと思っていたため、このような不満が出たに過ぎない。これは体操競技で泰山の器具が不採用となり、日独仏の3カ国のメーカーが分け前にあずかったのと同じだ。一部の日本メディアがやみくもに騒いでいるだけのことだ」と批判した。

記事は、「日本国内には人工畳の練習場がほとんどないため、全日本柔道連盟は泰山の製品を輸入することで協議を進めている」と紹介。8月に武道館で行われる世界選手権でも泰山の畳が使用されることを伝えた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 出本玲***** | (2019/03/20 09:46)

    外国人選手に馴染みのある人工畳を用意するのがおもてなしの心なんじゃないかな?ソレよりも、竹田さんを追い出して利権強欲丸出しの賄賂犯人、電通を責めない日本は異常でしょう。賄賂があったとしたらそれは電通の犯罪。竹田さんは最後に決裁ハンコ押しただけでしょ。信じたスタッフに背中から刺された。こっちの利権癒着こそ報道すべきです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • としあ***** | (2019/03/19 02:39)

    大舞台に少々値が張ってもいいものを使えや。なんでも金ケチって懐に入る金を増やしたいって、ゴーン容疑者かよ?安かろう悪かろうに躊躇なく手を出すとは落ちぶれたもんだな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/03/18 23:25)

    畳以前に、詐欺師揃いの五輪関係者と金と欲にまみれた業者に政治屋ばっかりで、マトモな五輪になる筈がないだろうよ。 金をドブに捨てるだけで、実質儲かるのは関係者とIOCだけ。国民には莫大な借金だけが残される。 ハッキリ言って五輪なんか招致招致言ってるときから願い下げだったんだが、中国製の畳なんぞそれらの問題に比べりゃ微々たるもんだよ。そんなもんで騒ぐくらいなら、最初から五輪なんかやらせるなって話でね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事