Record China

ヘッドライン:

韓国政府、潘基文前国連事務総長に大気汚染対策機関のトップ就任を要請―韓国メディア

配信日時:2019年3月18日(月) 12時10分
拡大
深刻な大気汚染の問題を抱えている韓国の大統領府が、潘基文前国連事務総長を大気汚染対策機関のトップに招聘した。資料写真。

2019年3月17日、中国新聞網によると、深刻な大気汚染の問題を抱えている韓国の大統領府が、潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長を大気汚染対策機関のトップに招聘(しょうへい)した。

韓国・聯合ニュースによると、17日に韓国大統領府報道官が発表した資料の中で、盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長が前日潘氏と会談し「微細顆粒物問題を解決する社会機構」のトップに就任するよう求めたところ、藩氏がこれを受け入れたという。

要請に対して潘氏は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領のスモッグ対策、気候変動問題解決に向けた揺るぎない決心が明らかになった。国際環境問題に長期的に取り組んできた経験を踏まえ、国のために貢献できる機会が得られたことをうれしく思う」と述べたという。

両氏は会談の中で新設機構の性質や活動範囲について大まかな意見交換を行うとともに、組織や運営方法、設立時期など細かい部分について作業会議で議論することを決めたとみられる。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

韓国メディア「韓国の大気汚染は中国に原因」と繰り返し報道、中国大使館へ抗議に行った団体も―中国紙

深刻な大気汚染が続く韓国では、一部で「原因は中国」として中国批判の報道がある。中国はこれに対し「科学的な根拠に基づいた分析が必要」「極端な批判は両国の国民感情を傷つけるだけ」と反論している。環球時報が8日伝えた。写真は北京の大気汚染。

Record China
2019年3月10日 17時30分
続きを読む

ランキング