オーストラリアがファーウェイの参画認める=米国の反対押し切り、鉄道関連通信事業に―中国メディア

配信日時:2019年3月18日(月) 10時20分
オーストラリアが鉄道通信事業にファーウェイ参画許可―中国メディア
画像ID  1076083
中国メディアの参考消息は3月19日付で、オーストラリア当局が中国企業のファーウェイに、同国鉄道向けデジタル通信システム建設事業への参画を許可したと報じた。記事は「米国の阻止にもかかわらず」と強調した。
中国メディアの参考消息は3月19日付で、ロシアメディアなどを引用して、オーストラリア当局が中国企業の華為科技(ファーウェイ)に、同国鉄道向けデジタル通信システム建設事業への参画を許可したと報じた。記事は「米国の阻止にもかかわらず」と強調した。

計画では、西オーストラリア州の州都であるパースに無線列車監視装置や移動局80カ所を設置する。これまで乗務員や駅員、安全管理者が使用していた通信機器が交換されるという。プロジェクトの総額は、2億ドル(約22億3000万円)を超えるとの見方もある。

オーストラリア政府は自国の通信会社に対して第5世代(5G)移動通信網についてファーウェイ製品の使用を禁止しているが、記事は、西オーストラリア州の鉄道関連についてはオーストラリア政府が許可したと伝えた。記事は見出し冒頭に「米国の反対にもかかわらず」などとして、米国の圧力が有効ではないことを強調した。(翻訳・編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/18 16:04)

    >西オーストラリア州の鉄道関連についてはオーストラリア政府が許可したと伝えた 日本で言えば〈米軍基地移転問題〉を巡って、日本政府と沖縄県が対立しているようなものだな。きっと中国が政治家に賄賂をバラ撒いたに違いない。情報漏えいがひとつの州だけなら、オーストラリア政府も妥協したのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事