なぜ日本のごみ分別は煩雑で面倒なのに日本人はちゃんとできるのか―中国メディア

配信日時:2019年3月18日(月) 6時40分
なぜ日本のごみ分別は煩雑で面倒なのに日本人はちゃんとできるのか
画像ID  1076037
15日、上観新聞は、日本でごみの分別が浸透した理由について分析する記事を掲載した。写真は日本のごみ集積所。
2019年3月15日、上観新聞は、日本でごみの分別が浸透した理由について分析する記事を掲載した。

記事は、上海市で最近、「上海市生活ごみ管理条例」が通過し、生活ごみの分別が強制される時代がやってきたと紹介。これまでもごみの分別が呼びかけられてきたが、なかなか普及しなかったと指摘した。

その上で記事は、ごみの分別を普及させるための環境教育は「環境保護部門頼みだけではだめだ」と指摘。政府の主導も必要ではあるが、より多くの組織の参加が必要だと論じた。その一例として、日本の「沼津方式」について紹介。1970年代に沼津市では、自治会員によるごみ集積所でのボランティア活動を実施し、ごみの捨て方を指導したと紹介し、「国民参加という基礎の上に、地域や民間組織、企業など多元的な力によって、政府主導から多くの主体による共同管理メカニズムへと移行した」と分析した。

また、環境教育も重要となってくるが、日本には「環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律」があると紹介。財政や税制の方法で環境教育を推進しているほか、商品にはごみの分別の仕方が細かく説明されており、こうした方法が効果をあげていると伝えた。

さらに、「日本のごみ分別ルールは異常なほど煩雑だが、日本人はこれらのルールについてその意図を理解し、努力して実行する」と紹介。これは、法的な拘束力のほか、幼稚園からエコ教育が始まることと関係しており、小中学校の教科書にもごみの分別やリサイクルに関する記述があり、幼い時から「公共の場所でごみのポイ捨てをせず、持ち帰る」という考えが養われると分析した。

このほか、環境教育は学校教育以外での教育システムも重要だと指摘。東京には大型のごみ処理施設の近くに大型の体育館があって、ごみ処理の余熱を利用したプールなどがあると紹介し、「こうした方法を通して、人々にごみ処理について理解してもらい、ごみ回収後に人や環境に与える影響を知ってもらうようにしている。これは環境教育に大きな効果となる」と伝えた。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2019/03/18 10:30)

    狭い日本では、まず物をリサイクルリユースして少しでも捨てるものをなくす意識が江戸の昔から必要だった。他人への贈り物さえ、そのまま儀礼品の店に下取りさせてそれがまた他の人のお祝いに使われたりした。 消費が美徳とされていた高度成長期でも、ちり紙交換で新聞をトイレットペーパーに替えたり飲み終えた空の牛乳瓶と新品を販売員が入れ替えてくれる牛乳宅配が普及していた。 それに国土が狭いので、公害問題が発生したあとの対策と回復も比較的スムーズだった。 国土が広い中国では、大変なことになるまで気づくのが遅れて、さらにみな自分さえ良ければ何もしないから、根本の意識から変えるのは難しいだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/03/18 08:54)

    面倒なだけで、日本人にできないことじゃないから。 以上。 (暗にガサツな中国人にはできっこない、なんて思ってませんよ、ええ、本当に)
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事