米中貿易戦争開始後、米国人の中国に対する好感度12ポイント下落―仏メディア

配信日時:2019年3月17日(日) 17時10分
米中貿易戦争開始後、米国人の中国に対する好感度12ポイント下落
画像ID  1076027
16日、仏RFIの中国語版サイトは、調査会社ギャラップが最近公表した調査結果によると、米国と中国との間で貿易戦争が深まる中、米国人の中国に対する好感度はこの1年で12ポイント下落したと報じた。資料写真。
2019年3月16日、仏RFIの中国語版サイトは、調査会社ギャラップが最近公表した調査結果によると、米国と中国との間で貿易戦争が深まる中、米国人の中国に対する好感度はこの1年で12ポイント下落したと報じた。

記事によると、調査は3月1日から10日まで米国の1016人を対象に行われたもので、中国について好感を抱いていると答えた割合は41%にとどまり12年以降で最低となった。昨年同時期の調査では過去30年で最も高い53%だった。

今後10年間で中国の経済力が米国に「重大な脅威」をもたらすと考えている割合は46%で、昨年の40%から上昇した。

ギャラップは、「トランプ米大統領は大統領選挙が始まって以来、中国の一連の貿易不公平政策を繰り返し批判してきた。だが過去2年間の世論調査では特に反応は見られず、昨年両国間の貿易戦争が勃発するに至って状況は変わった」と指摘しているという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事