中国大気汚染の原因微粒子、かつての米国スモッグと共通―中国メディア

配信日時:2013年2月19日(火) 23時49分
中国大気汚染の原因微粒子、かつての米国スモッグと共通―中国メディア
画像ID  371434
19日、中国科学院が大気汚染の原因究明に向け発足させた専門家チームはこのほど、北京、上海、河北省のスモッグに含まれている大量の微粒子物質が、1940〜50年代に米国で検出された光化学スモッグの原因になった物質と同じだと発表した。写真はスモッグでかすむ北京。
2013年2月19日、大洋網によると、中国科学院が大気汚染の原因究明に向け発足させた専門家チームはこのほど、北京、上海、河北省のスモッグに含まれている大量の微粒子物質が、1940〜50年代に米国で検出された光化学スモッグの原因になった物質と同じだと発表した。専門家は「同様の物質は03〜05年ごろ、すでに中国南部の珠江デルタ地域で検出されていた」と指摘した。

その他の写真

それによると、珠江デルタ地域で同物質が確認された当時、危険性はそれほど認識されていなかったという。微粒子は大気中の窒素酸化物と揮発性有機物が反応してできたとみられる。専門家によると、中国北部で検出された汚染物質は硫酸塩、南部では窒素酸化物と硫酸塩が主体だという。

また、専門家らは、広東省広州市の路線バスはLPG(液化石油ガス)燃料を使っているものが多く、LNG(液化天然ガス)に比べて汚染物質の排出量が多いとも指摘している。(翻訳・編集/AA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事