Record China

ヘッドライン:

中国大気汚染の原因微粒子、かつての米国スモッグと共通―中国メディア

配信日時:2013年2月19日(火) 23時49分
拡大
19日、中国科学院が大気汚染の原因究明に向け発足させた専門家チームはこのほど、北京、上海、河北省のスモッグに含まれている大量の微粒子物質が、1940〜50年代に米国で検出された光化学スモッグの原因になった物質と同じだと発表した。写真はスモッグでかすむ北京。
(1/8枚)

2013年2月19日、大洋網によると、中国科学院が大気汚染の原因究明に向け発足させた専門家チームはこのほど、北京、上海、河北省のスモッグに含まれている大量の微粒子物質が、1940〜50年代に米国で検出された光化学スモッグの原因になった物質と同じだと発表した。専門家は「同様の物質は03〜05年ごろ、すでに中国南部の珠江デルタ地域で検出されていた」と指摘した。

その他の写真

それによると、珠江デルタ地域で同物質が確認された当時、危険性はそれほど認識されていなかったという。微粒子は大気中の窒素酸化物と揮発性有機物が反応してできたとみられる。専門家によると、中国北部で検出された汚染物質は硫酸塩、南部では窒素酸化物と硫酸塩が主体だという。

また、専門家らは、広東省広州市の路線バスはLPG(液化石油ガス)燃料を使っているものが多く、LNG(液化天然ガス)に比べて汚染物質の排出量が多いとも指摘している。(翻訳・編集/AA)

関連記事

大気汚染源PM2.5、スギ花粉と結びつく危険=環境省が対策骨子案―日本華字紙

18日、環境省は全国130の地方自治体との連絡会を開き、中国から日本に波及している大気汚染への対応策について検討した。3月末から5月にかけて、中国から黄砂とともに大気汚染の元凶となる超微粒子PM2.5が飛来することが予想される。写真は東京・汐留の空。

Record China
2013年2月19日 18時9分
続きを読む

北京の大気汚染は光化学スモッグと同成分=死者数百人出した米ロサンゼルス型―中国メディア

17日、最近発表された中国科学院の研究結果によれば、北京市、天津市、および周辺の河北省の霧から、光化学スモッグに似た大量の粒子状物質が検出された。写真は17日早朝、再び濃霧にみまわれた北京。空港や高速道路の封鎖など市民生活にも重大な影響が出ている。

Record China
2013年2月18日 7時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング