Record China

ヘッドライン:

<体のフシギ>東アジア人が汗をかきやすいのは遺伝子変異に関係―米中共同研究

配信日時:2013年2月19日(火) 21時10分
拡大
18日、全ての動物のうち、人類は最も汗をかく動物だ。米ハーバード大学と復旦大学がこのほど実施した共同研究の結果、東アジア人特有のある遺伝子変異を持つ人は、特に汗をかきやすいことが分かった。資料写真。
(1/2枚)

2013年2月18日、全ての動物のうち、人類は最も汗をかく動物だ。米ハーバード大学と復旦大学がこのほど実施した共同研究の結果、東アジア人特有のある遺伝子変異を持つ人は、特に汗をかきやすいことが分かった。人民日報が伝えた。

その他の写真

研究者は東アジア人特有のEDAR370Aという遺伝子変異に注目。3万年ほど前に出現したこの変異が、東アジア人の汗腺と毛髪の密度、毛髪の太さ、歯の特徴などを変化させたことを発見した。この研究成果は今月14日に出版された米科学誌「セル」で筆頭論文として発表された。

同研究チームの汪思佳(ワン・スージア)教授によると、この遺伝子変異を持つ人は現在、中国漢民族の中で95%を占めるという。

復旦大学の研究チームが漢民族のボランティア2500人に対する調査を行った結果、この変異を持つ人は持たない人に比べて汗腺の密度が約15%高く、毛髪が太く、歯の形も異なることが分かった。ハーバード大学は動物研究を通じ、この遺伝子変異が確かに汗腺と毛髪の発育に影響をもたらすことを証明した。

論文著者の1人、復旦大学現代人類学教育部重点実験室の金力(ジン・リー)主任は、「汗をかく能力の向上により、我々の祖先は高温多湿の環境にうまく適応することができた。つまりこの遺伝子変異は新たな環境に適応するために生まれたものと言える。このような環境への適応性進化はまさに、現代の人種差を生んだ重要なメカニズムの1つだ。今回の研究により、1つの遺伝子変異が身体の複数の特徴に影響をもたらすことがわかった。つまり、アジア人とその他の人種の違いも数少ない遺伝子変異によりもたらされている可能性がある」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/内山

関連記事

中国人科学者、ヒトの脳容量に関わる遺伝子を発見―中国メディア

26日、近年の研究により、ヒトの脳容量には遺伝が大きく影響していることが分かった。中国科学院昆明動物研究所の科学者はこのほど、脳容量の変化に影響を与える遺伝子を発見し、ヒトの脳容量の遺伝的基盤がより一層解明された。写真は貴州省公安局のDNA検査施設。

Record China
2012年12月27日 11時37分
続きを読む

<落武者伝説>村民の3分の2に白人遺伝子、やはりローマ軍の末裔なのか?―甘粛省

26日、2000年前のローマ帝国軍の末裔と言い伝えられている中国・甘粛省金昌市永昌県者来寨村の村民の約3分の2がコーカソイド(白人)の遺伝子を持っていることが判明した。写真は04年、イタリアから中国国家博物院に到着した「古代ローマ文明展」の展示物。

Record China
2010年11月29日 21時58分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング