Record China

ヘッドライン:

「この汚い川で泳いだら賞金300万円!」企業家が環境保護局長に挑戦状送る―浙江省温州市

配信日時:2013年2月19日(火) 12時23分
拡大
16日、中国浙江省のある企業家が故郷の温州市の川のあまりの汚さに憤慨。同市の環境保護局長に対し「この川で20分間泳いだら20万元贈呈する」とマイクロブログで呼びかけた。写真は汚染が深刻な同市の川。
(1/8枚)

2013年2月16日、中国浙江省杭州市の毛源昌眼鏡有限公司の金増敏(ジン・ザンミン)社長はマイクロブログに「浙江省温州市瑞安仙降街道にある川の工業汚染はひどすぎる。もし環境保護局長がこの川で20分間泳ぐことができたら、20万元(約300万円)を差し上げる」と書き込んだ。17日付で中国新聞社が伝えた。

その他の写真

金社長は問題の川の写真も掲載。その水面はおびただしい数のプラスチックごみで覆われ、旧正月の装飾用の大きな赤い提灯もいくつか確認できる。また、不気味な白い液体が流れているのがわかる。

金社長はこの川の側で生まれ育った。子供の頃はこの川でよく泳いだという。当時の住民はこの川で洗濯し、野菜を洗っていた。また、この川は道路の充分発達していない当時は重要な交通網でもあった。「今ではこの川に近づいただけで強烈な臭気に襲われる。近くのゴム靴工場から出る廃液がこの川に流れ込み、大量のプラスチックごみも投棄されている」と金社長。以前、ゴム靴工場の経営者に金社長が直接聞いたところ、「汚水や廃水は何の処理もせずに川に流している」と答えたという。金社長によれば、この川が流れる金光村は人口1000人程度の小さな農村。しかし、昨年1年間で、がんが原因で亡くなった村民は17人に上っている。

金社長から挑戦状をたたきつけられた形の温州市瑞安市環境保護局の包振明(バオ・ジェンミン)局長は、「あの川は確かに汚染されているが、浮かんでいるのは生活ごみで、工業ごみではない。近くにある工場で働く労働者が出す生活汚水が汚染に拍車をかけている原因の1つ」と回答。問題の解決には近隣住民の協力が不可欠だと強調すると同時に、ごみ回収場や汚水処理場の建設が終わったことから、3年以内に汚水処理システムを整備する予定だと伝えた。温州市瑞安市環境保護局も問題の川の調査に乗りだしているという。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

ランキング