【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

米国の人権報告書に中国紙が反発、社説で「ますます雑に」と指摘

配信日時:2019年3月16日(土) 9時20分
米国の人権報告書に中国紙が反発、社説で「ますます雑に」と指摘
画像ID  1075699
米国が13日公表した2018年版の人権報告書について、環球時報は14日、「ますます雑になっている」と題する社説を掲載した。資料写真。
米国が13日公表した2018年版の人権報告書について、環球時報は14日、「ますます雑になっている」と題する社説を掲載した。以下はその概要。

米国が13日に公表した国別人権報告書は、中国の人権状況を広範囲にわたって攻撃している。ポンペオ国務長官は報告書公表の席で「中国の人権侵害は『比べ物にならない』」と述べた。

この報告書は米国が過去2年間行ってきた「中国の人権」に対する攻撃の中で最たるものだ。昨年からの対中圧力強化と歩調が合っており、米政府が中国の全資源にあらん限りの力で干渉することを示しているかのように見える。

中国と米国の人権をめぐる討論はすでに十分になされていて、双方の言い分は言い尽くされた。ポンペオ氏らが今回、中国に貼ったレッテルを両国の外交官は目にしたことがないはずだ。われわれは、中国の外交官も毎年多くの人の命を奪う米国の銃撃事件などに関するレッテルを貼るべきではないかと考える。

米国では毎年、多くの人が不慮の死を迎えているが、米政府が生存権をどれだけ重視しているかは(墜落事故が起きた)ボーイング737MAXの運航禁止措置が遅れたことから分かる。

米政府はさらに、貧富の格差拡大を黙認し、犯罪撲滅、民族対立の解消に消極的だ。米政府はこれまで人権問題で自ら反省することを拒み、他国のガバナンスを指図することに熱中してきた。恐らく、過去の功績にひたって向上を求めない自らの統治ぶりを覆い隠すためだろう。

中国の全面的発展と人権環境の整備は、米国や西側の批判の声の中で前進を遂げている。米国の人権報告は毎年のように「中国の状況はまた悪化した」などと述べるが、中国はここ数年で人権をめぐる各種条件の刷新を実現した。

確かに中国には依然、足りない点がある。一部の特殊な地域で社会秩序の維持と個人の権利拡大のバランスをいかにして取るか、まだ答えは出ていない。だが、中国は人権分野における目標を明確に理解している。人権の全面的発展は中国社会全体の願望だ。

過去にわれわれは西側諸国、とりわけ米国を羨望の目で見ていた。だが、今日になって目にするのは米国の身勝手さ、固執ぶりだ。米国の国別人権報告書は、今日のわれわれの目にはあれこれ投げ込んだ「ごった煮」のように見える。さらに政府予算の影響だろうか。基本的事実のチェックすら省かれていた。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/16 16:05)

    >毎年多くの人の命を奪う米国の銃撃事件などに関するレッテルを貼るべきではないか アメリカでも国民の命が奪われる事件が多発しているが、中国のように犯罪を取り締まる立場の警官や人民解放軍が国民の生命を奪っているわけではない。 >中国はここ数年で人権をめぐる各種条件の刷新を実現した 政府の〈自画自賛〉ではなく、中国国民に尋ねてみれば『また悪化した』と答えるだろう。国内の監視カメラが人口より多い国が人権を尊重しているはずがない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2019/03/16 14:25)

    中共、中国政府は「米国にも人権侵害があり、中国を非難する資格なし…」と言いたいのであろうが、決定的な違いは、中国は政治信条の異なる人々等に対し党、政府が主導的、積極的に人権侵害を起こしている点です。中共、中国政府は自国の憲法に違反していることを認識すべきです。もっとも、中国には”憲法”等は名目的に存在するのみで、実際には無し、と言ってよいのかも知れませんが…。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/03/16 11:55)

    中国は言うまでもなく、世界最大の人権抑圧国家だ。 そもそも、中国に「人権」の概念は無い。 「中華人民共和国」の「人民」とは「政治的奴隷」のことであり、「奴隷」に「人権」はありえない。 中国の概念呼称は「中華奴隷帝国」が正しい。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事