【募集中】韓国語社内スタッフ

1~2月のCPIは1.6%上昇 PPIも0.1%上昇

配信日時:2019年3月15日(金) 21時10分
画像ID 
国家統計局の毛盛勇報道官は14日に記者会見で、「2019年の最初の2カ月間に、消費者物価指数(CPI)は前年同期比1.6%増加し、安定上昇傾向を維持し、デフレ出現の可能性は低かった」と述べた。中国新聞社が伝えた。

同局が同日発表したデータをみると、19年1~2月のCPIは同1.6%上昇し、上昇率は前年12月より0.3ポイント低下し、18年2月以降の最低を更新した。このうち食品・たばこ・アルコール類価格は同1.6%上昇した。

毛報道官は、「価格の動きをみると、1~2月の全国のCPIの平均上昇率は1.6%となり、うち1月は1.7%上昇、2月は1.5%上昇で、安定した上昇傾向を維持し、また全国消費財市場の需給関係が基本的バランスに向かったことが反映された。エネルギー価格 と食品価格を除いたコアCPIはここ半年あまり、1.8~1.9%の合理的な水準で基本的に安定を保った」と述べた。

データからわかることは、1~2月の生産者物価指数(PPI)は同0.1%上昇し、上昇率は前年12月より0.8%低下したことだ。これについて毛報道官は、「1月と2月の2カ月間にPPI上昇率は鈍化した。影響要因の1つは前年の持ち越し効果が徐々に消滅していること、もう1つは国際的要因の影響だ。最近の一定の期間、国際市場の大口商品価格がある程度低下し、PPI上昇率の鈍化につながった」と述べた。

毛報道官はPPIの今後の動きについて、「最近の一定期間に国際市場の大口商品価格は低下した。投資増加率の安定上昇にともない、PPIは上昇する見込みだ」との見方を示した。

また毛報道官は、「価格が上昇しすぎるのはよいことではないし、価格が低下してもデフレの懸念を引き起こす可能性がある。目下、CPIは穏やかに上昇しており、PPIは上昇率は鈍化したものの上昇傾向を維持しており、デフレになる可能性は低い」と述べた。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<