【募集中】韓国語社内スタッフ

日本の小都市の経済を活性化した1本のアニメ

配信日時:2019年3月15日(金) 15時50分
画像ID 
中国と日本のアニメ分野での協力がますます密接になっており、最近は日本のアニメ映画が中国のアニメファンの間でブームになっている。日本のアニメ映画は多くの興行収入を上げただけでなく、舞台になった地方の経済を活性化するとともに、アニメを取り巻く産業チェーンの力強い伸びをもたらした。

▽日本のアニメ映画が中国大陸部に次々上陸

最近、日本の人気アニメ「夏目友人帳」の映画版が中国大陸部の映画館で上映され、アニメファンの間でブームを巻き起こした。この癒やし系のアニメはテレビ放送開始から10年で初めての映画化で、心温まるストーリー、ユニークなキャラクターは大勢のアニメファンの関心を呼び、中国では前売り券だけで1千万元(約1億6615万円)の収入を上げた。

過去2年間に中国で日本アニメが毎年6作品ずつ上映されたのとは異なり、今年は第1四半期だけですでに6作品の上映が確定した。ここ2年間は両国のアニメ産業での交流がより緊密になり、日本アニメの上映本数が増えただけでなく、両国の協力関係もより多様なモデルへと深化した。昨年8月に中日同時上映された「肆式青春」(日本語題名:詩季織々)は新たな協力の形を示す典型的なケースだ。この青春アニメ映画は湖南省、上海市、広州市という雰囲気の異なる3エリアを舞台に選び、親子の情愛、友情、恋愛感情を丁寧に綴った中国風の青春の物語だ。両国のアニメ界から3人の監督を招き、企画、脚本、制作の全てのプロセスで両国の企業が協力し、完成にこぎ着けた。こうしたモデルは今まであまり例がない。

中国側監督の李豪凌氏は、「これからこのような一歩進んだ協力がますます増えていくだろう。私たちは中国のスタッフを日本に送り込み、その過程では技術の交流が行われることは間違いない。だがより重要なのはプロセスをめぐる交流だ。日本のアニメ制作プロセスは非常に成熟しており、一番最初の脚本を手にするところから、キャラクターデザイン、カット割り、さらに原画への落とし込みまで、プロセスの一つ一つが非常に精密に進められていく」と述べた。

ここ数年は人手不足が非常に深刻になり、日本で1年間に制作されるアニメの時間数は5年以上増えていない。そこで日本の業界関係者の多くが、日本のアニメ制作会社の積極的な海外進出を考えるようになった。最新の日本アニメ産業に関する報告書によれば、2017年には日本のアニメ産業の海外市場規模が拡大を続け、総額は前年比29.6%増の9948億円に達した。中でも最も活発だったのは中国市場だった。

▽人気アニメが小都市の経済を活性化

「夏目友人帳」は興行収入を上げただけでなく、舞台になった地方の経済を活性化した。日本の熊本県の郊外にある人吉市はそれほど注目されることのない小さな地方都市で、人口は3万人ほどだったが、夏目人気がチャンスと活力をもたらした。

夏目ファンの村田万里さんは作品の舞台になった人吉市を訪れた。作品には背景が細かくリアルに描き込まれ、神社や鉄道駅などいろいろなシーンがほぼ実物通りに描かれている。村田さんは、「自分は主人公と生い立ちが似ている。現実の世界の中にアニメと非常によく似たシーンを見つけた。それでここに来てアニメの世界に浸ろうと思った」と話す。

08年にテレビ放送がスタートしてから10年間、アニメのストーリー展開に合わせ、日本全国各地の夏目ファンがひっきりなしにこの地方都市を訪れている。こうした動きを受けて、アニメに関連した旅行記念グッズを売り出す企業も少なくない。またキャラクターの白猫(ニャンコ先生)が市内のホテル、レストラン、ショッピングセンターなどに姿を見せている。思い入れをもってこの地を訪れるファンたちのために、現地のタクシー会社は作品に登場する場所をピックアップし、作品の舞台をめぐる観光プログラムを打ち出した。

1本のアニメ作品がそれほど有名ではない小さな地方都市を人気観光都市に一変させた。統計によると、日本各地にあるアニメの舞台になったことで観光地になった場所は約5千カ所あり、ファンがもたらす経済効果は毎年500億円を超えるという。

▽日本のアニメ産業チェーンが力強い伸び

「夏目友人帳」のように、日本のアニメ作品には力強く規模の大きな周辺産業を抱えるものがたくさんある。

東京の秋葉原にあるアニメをテーマにした眼鏡店では、200種類を超える眼鏡のすべてがアニメの登場人物やストーリーに関連したデザインになっている。つるの部分が作品に登場する人気のツールになっているものや、キャラクターの髪の毛と同じ色の眼鏡などがあり、作品の世界観を高度に再現する精密なデザインで、若いアニメファンが大勢この店を訪れて眼鏡を買うという。店主の常田瑛久さんは、「昨年の売上高は大体2億円だった。ほぼ毎年売上高が30%前後伸びている」と話す。

日本のアニメを取り巻く産業は多種多様で、眼鏡やアパレル製品といった日用品から、カフェなどの外食産業まで幅広く、成熟し整備された産業チェーンを形成している。ここ数年は中国のアニメ周辺市場の営業収入の75%以上が日本などのアニメグッズメーカーに流れ込んでいる。だが中国で高水準のアニメ作品が次々誕生して、中国にも独自のアニメ産業チェーンが徐々に形成されている。

江蘇省蘇州市の純国産アニメをテーマとしたカフェには、豊富多彩で丁寧に作り込まれた関連グッズが置かれ、さまざまな年代の消費者がわざわざここまで買いにやって来る。責任者の説明によれば、18年を17年と比べると、周辺グッズやカフェメニューを含む売上高の単月の増加率は最高で25%に達したという。

現在、中国には汎二次元(二次元と二次元周辺)の消費者が2億7千万人おり、アニメ関連グッズ市場の規模は今年で800億元(約1兆3300億円)に達する見込みだ。業界関係者は、「消費者のアニメ関連グッズに対するニーズがどんどん拡大しており、周辺産業には非常に大きな発展の可能性がある」と話す。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<