Record China

ヘッドライン:

大気汚染に対する市民の無力感、中国政府への怒りと要求に変化―英紙

配信日時:2013年2月18日(月) 20時40分
拡大
18日、北京の大気汚染は健康被害を生むにとどまらず、経済成長を優先した政府に対する市民の不満になっている。写真は17日、旧正月連休後、再びスモッグに覆われた北京。
(1/8枚)

2013年2月18日、英紙オブザーバーは「世紀末的な大気汚染に苦しむ中国」と題する記事を掲載し、大気汚染は健康被害を生むにとどまらず、経済成長を優先した政府に対する市民の不満になっていると指摘した。市民の無力感は恐怖、怒り、社会変化への要求に変化している。

その他の写真

「世紀末的な大気汚染」とは、決して大げさな表現ではない。北京の大気汚染指数は世界保健機関(WHO)安全基準の30倍に達し、航空便の欠航や道路の通行止めも相次いでいる。ある医院には呼吸器系疾患の患者が数百人殺到し、北京の空気は「空港の喫煙ルームより汚い」とさえいわれている。

大気汚染は健康被害を生むにとどまらず、経済成長を優先した政府に対する市民の不満を生んでいる。市民の無力感は恐怖、怒り、社会変化への要求に変化している。春節(旧正月)連休は澄んだ空気を求め、900万台前後の車が北京を脱出。年越しに付き物の爆竹も、空気を汚すため例年より4割近く販売量が減った。

北京市当局は大気汚染緩和に向け、さまざまな対策を講じている。しかし、米カリフォルニア州立大の中国環境問題専門家は「問題解決には時間がかかるだろう。北京だけでなく周辺市町村の協力も必要だ」と指摘する。しかし、農村地帯ではまだ石炭暖房が一般的で、環境基準達成は難しそうだ。(翻訳・編集/AA)

関連記事

北京の大気汚染は光化学スモッグと同成分=死者数百人出した米ロサンゼルス型―中国メディア

17日、最近発表された中国科学院の研究結果によれば、北京市、天津市、および周辺の河北省の霧から、光化学スモッグに似た大量の粒子状物質が検出された。写真は17日早朝、再び濃霧にみまわれた北京。空港や高速道路の封鎖など市民生活にも重大な影響が出ている。

Record China
2013年2月18日 7時40分
続きを読む

中国の大気汚染、日本政府が支援に動いた…大多数が「支持」「歓迎」―中国版ツイッター

11日、中国で今年に入ってから急激に深刻となっている大気汚染を受けて、対岸の日本が対策に動いた。有害物質PM2.5が日本にも飛来しており、環境省が緊急対策を発表している。写真は旧暦の大晦日を迎えた遼寧省大連市。新年を祝う花火と爆竹で空気がかすんでいる。

Record China
2013年2月11日 14時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング