【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本もボーイング事故同型機の飛行禁止、中国から「米国の言うことは何でも聞く」の声

配信日時:2019年3月15日(金) 11時20分
日本もボーイング事故同型機の飛行禁止、「米国の言うことは何でも聞く」の声
画像ID  1075559
国土交通省は14日、ボーイング737MAX8型機の運航停止に関する通知を出した。これに、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。
国土交通省は14日、墜落事故が起きたボーイング737MAX8型機の運航停止に関する通知を出した。これに対し、中国のネットユーザーから「日本は米国の言うことを何でも聞く」といった声が上がっている。

国交省はボーイング737MAX8型機について、18年10月29日にインドネシアのライオン・エア機の、今月10日にエチオピア航空機の墜落事故が発生していることを説明。これを受けた米連邦航空局(FAA)が14日、737MAX8型機、737MAX9型機の飛行を禁止したことを挙げ、「国土交通省としても当分の間、日本への乗り入れを停止することとした」と述べた。

この措置を報じた中国・観察者網は、「通知には、『米国の飛行禁止の通知を受け、日本も同様の判断をした』との経緯が記されている」と指摘。「日本、『米国が飛行を禁じたから、われわれも禁止』」とのタイトルを付けて観察者網の記事を紹介する中国メディアもあり、中国のネットユーザーからも「従順だね」「兄貴の言うことは何でも聞くということか」「自分で判断できる力、属国にあるとでも?」「これが一国の航空当局が発した通知だなんて…。考えられない」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • こごと***** | (2019/03/15 12:30)

    「兄貴の言うことは何でも聞くということか」 兄貴じゃない! 宗主国さまだっ! なんと言おうと、どうごまかそうと、いかに取り繕おうと、今の日本がアメリカの属国であるということは動かしようのない事実なんだよ! 『安保闘争』の背景には、日本の独立を失いたくないという思いが脈々と流れていた。だからあの頃の左翼には「気概」があったんだよ! でも、焼け野原に残された民族を食わせるため、政府は「しもべ」の道を選んだ。それはそれで一つの「正義」ではあったと思っている。 だが、時代が変わり世界が変わった。 だから今こそ、「真の独立国」を目指そうという思いを抱く国民が表に出てきつつあるんだ。 でも、そのための大前提として「自分の力で国を守る」ために為さねばならないことがある。それをしようとする時、真っ先にいちゃもんつけて喚き散らしてるのは・・・ お前らの国だろうがっ!!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事