Record China

ヘッドライン:

日本語はなぜ中国語と「逆」なのか!?―中国メディア

配信日時:2019年3月17日(日) 20時20分
拡大
2019年3月14日、中国の自メディア(新興メディア)・日本通は、日本語における漢字の単語には中国語と文字の並びが逆になっているものが多く存在することを紹介する文章を掲載した。

文章はまず「名探偵コナン」について、日本のみならず中国でも非常に人気の高いアニメであり、そのタイトルは実際に作品を見たことがない中国人でも知っていると紹介。中国でのタイトルが「名偵探柯南」なのに対し、日本語タイトルは「名探偵コナン」となっており、「偵探」の部分が前後逆になっていると伝えた。

そのうえで、実は中国語と日本語の間には似たような例がたくさんあると説明。中国人にとって漢字を使う日本語は勉強しやすい一方で、中国人特有の「うっかりミス」を生むリスクもはらんでいるとした。

記事は、中国語と日本語で文字の順番が入れ替わっている二字熟語として、運命、脅威、情熱、紹介、平和、物事、品物、制限、言語、苦痛、詐欺、限界、面会、絶滅、敗戦、兵士、途中、窃盗、施設、移転、劣悪、段階、救急、率直(いずれも中国語では前後が逆)を例示している。

さらに、中国語の「賢妻良母」は日本では「良妻賢母」になるとも紹介。そこには「賢い妻」を求める中国人と、「良き妻」を求める日本人という考え方の違いが表れているとした。そして、視点や考え方の違いにより同じ意味ながら日中両国で異なる単語を用いる例として、中国語の「嬰児車」「広告牌」がそれぞれ日本語では「乳母車」「看板」となることを挙げた。

日本と中国で文字の順番が入れ替わることについて、中国のネットユーザーは「もしかしたら、昔は横書きを右から左に呼んでいたことと関係しているのかもしれない」「中国国内でもある。北部は『熱鬧』だが、浙江方言では『鬧熱』だ」「広東語はむしろ日本語に近い」といったコメントを残している。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本大嫌いだった僕と日本人の転校生(1/2)=あの漫画をつくったのが「悪」である日本人だったなんて!―中国人学生

日本の漫画やアニメがきっかけで日本を好きになる中国人は多いが、山東政法学院の劉安さんは子どもの頃、日本人が描いたとは知らずに夢中になっていたそうだ。自身と日本の漫画、将来の目標について、作文につづっている。写真は聖闘士星矢のフィギュア。

日本僑報社
2017年4月8日 13時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング