【募集中】韓国語社内スタッフ

日本語はなぜ中国語と「逆」なのか!?―中国メディア

配信日時:2019年3月17日(日) 20時20分
日本語はなぜ中国語と「逆」なのか!?―中国メディア
画像ID  1075552
14日、中国の自メディア・日本通は、日本語における漢字の単語には中国語と文字の並びが逆になっているものが多く存在することを紹介する文章を掲載した。資料写真。
2019年3月14日、中国の自メディア(新興メディア)・日本通は、日本語における漢字の単語には中国語と文字の並びが逆になっているものが多く存在することを紹介する文章を掲載した。

文章はまず「名探偵コナン」について、日本のみならず中国でも非常に人気の高いアニメであり、そのタイトルは実際に作品を見たことがない中国人でも知っていると紹介。中国でのタイトルが「名偵探柯南」なのに対し、日本語タイトルは「名探偵コナン」となっており、「偵探」の部分が前後逆になっていると伝えた。

そのうえで、実は中国語と日本語の間には似たような例がたくさんあると説明。中国人にとって漢字を使う日本語は勉強しやすい一方で、中国人特有の「うっかりミス」を生むリスクもはらんでいるとした。

記事は、中国語と日本語で文字の順番が入れ替わっている二字熟語として、運命、脅威、情熱、紹介、平和、物事、品物、制限、言語、苦痛、詐欺、限界、面会、絶滅、敗戦、兵士、途中、窃盗、施設、移転、劣悪、段階、救急、率直(いずれも中国語では前後が逆)を例示している。

さらに、中国語の「賢妻良母」は日本では「良妻賢母」になるとも紹介。そこには「賢い妻」を求める中国人と、「良き妻」を求める日本人という考え方の違いが表れているとした。そして、視点や考え方の違いにより同じ意味ながら日中両国で異なる単語を用いる例として、中国語の「嬰児車」「広告牌」がそれぞれ日本語では「乳母車」「看板」となることを挙げた。

日本と中国で文字の順番が入れ替わることについて、中国のネットユーザーは「もしかしたら、昔は横書きを右から左に呼んでいたことと関係しているのかもしれない」「中国国内でもある。北部は『熱鬧』だが、浙江方言では『鬧熱』だ」「広東語はむしろ日本語に近い」といったコメントを残している。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事