【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

トヨタが月へ!中国ネットも注目=「本当はうらやましい」「道なきところにもトヨタありだ」

配信日時:2019年3月15日(金) 16時10分
トヨタが月へ!中国ネットも注目=「道なきところにもトヨタありだ」
画像ID  1075551
14日、新浪財経の微博アカウントは、トヨタ自動車が月面を走る燃料電池車を開発すると発表したことを報じた。世界を代表する日本の自動車メーカーによる「宇宙進出」に、中国のネットユーザーも大きな関心を寄せている。
2019年3月14日、新浪財経の微博アカウントは、トヨタ自動車が月面を走る燃料電池車を開発すると発表したことを報じた。世界を代表する日本の自動車メーカーによる「宇宙進出」に、中国のネットユーザーも大きな関心を寄せている。

その他の写真

記事は、同社と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が12日、4人乗りの月面探査車を開発すると発表したことを紹介。燃料電池を動力とし、乗員は宇宙服を着用することなく乗車することができ、探査可能距離は1万キロメートル以上に及ぶとした。そして、JAXAが2029年に探査車を宇宙に打ち上げて5年間にわたり探査活動を実施する予定であると伝えている。

この件について中国のネットユーザーの多くは「道あるところにトヨタありって言うけれど、道のないところにもトヨタありだな」「車が月に行けば必ず道あり、道があればトヨタありだ」など、かつて中国で放送されて大きなインパクトを与えたトヨタのCMのキャッチコピーを持ち出して感想を述べている。

また「今はジョークみたいに言ってるけれど、あと何年もしたらきっと本当に実現されて、ぼうぜんと舌を巻くことになるに違いない」と指摘する声も。これに対し「本当はとてもうらやましいんだ。外国かぶれって言われるのが怖くて言えないだけで、本当はうらやましいんだ」といった「本音」をこぼすユーザーもいた。

このほか、「壊れないトヨタ。数十年の蓄積があり、前進を続けるからこそさらなる発展がある」「中国政府も早く月面観光を実現してほしい」といったコメントが見られた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/15 16:17)

    >トヨタ自動車が月面を走る燃料電池車を開発する 月面でガス欠になっても給油施設を見つけることが出来ない。燃料電池車より太陽光充電車の方が実用的ではないか。なお、月面には空気がないので風力発電は無理だろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事