【募集中】韓国語社内スタッフ

中国メディアが「反則大王」とやゆした韓国選手、過去にも色々あった

配信日時:2019年3月15日(金) 14時10分
中国メディアが「反則大王」とやゆした韓国選手、過去にも色々あった
画像ID  1075547
中国メディアの華西都市報は12日、ブルガリア・ソフィアで行われたショートトラックの世界選手権について、「金7つ獲得の韓国に汚点」と題する記事を掲載した。中国では連日、韓国選手の問題を指摘する記事が注目を集めている。資料写真。
中国メディアの華西都市報は12日、ブルガリア・ソフィアで行われたスピードスケート・ショートトラックの世界選手権について、「金7つ獲得の韓国に汚点」と題する記事を掲載した。中国では連日、韓国選手の問題を指摘する記事が注目を集めている。

中国と韓国は共に同競技の強豪国だが、今大会では中国が金メダルゼロに終わった一方、韓国は7つ獲得と明暗が分かれた。そして、最も注目されたのが韓国のファン・デホンだった。

ファンは9日の男子500メートル決勝で中国の武大靖(ウー・ダージン)と接触したがペナルティーは与えられず優勝。翌10日のレースでは日本選手のサングラスを手ではじき飛ばし、別のレースではゴール直前で自分を追い抜きそうになったロシア選手を倒して失格となった。

華西都市報はファンのレースぶりが3回にわたって物議を醸したことについて、「この人物は確かにひどすぎる」「反則が癖になっているのか」などと批判。さらに、「ショートトラックに詳しい人は皆、ファンの名声が芳しくないことを知っている。相手に手を出すだけでなく、味方にも非友好的だ。実際、この『反則大王』は平昌五輪の時にすでに注目を集めていた」とした。

記事が指摘しているのは、平昌五輪男子1000メートルの準々決勝。この時は、ファンが「身内」のイム・ヒョジュンに接触し失格となっていた。

記事ではこのほか、2017年にオランダのドルトレヒトで行われたワールドカップ男子5000メートルリレー準決勝で、中国選手をけん制していたファンが自チームの選手と接触して転倒したことを紹介し、「横にいた日本のコーチも興奮を抑え切れずに拍手していた」と伝えている。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事