【募集中】韓国語社内スタッフ

中国独自開発の自航式ポンプ浚渫船、「天鯤号」が初航海

配信日時:2019年3月14日(木) 21時20分
画像ID 
南京税関への13日の取材によると、アジア最大の大型自航式ポンプ浚渫船「天鯤号」が12日に通関手続きを済ませて、江蘇省連雲港市から初航海を開始した。これは中国が完全に独自開発・建造した浚渫の代表的な製品が、正式に稼働開始したことを意味する。新華社が伝えた。

天鯤号は現役のアジア最大のポンプ浚渫船「天鯨号」のアップグレード版だ。全長は140メートル、幅は27.8メートル、最大掘削深度は35メートル、総出力は2万5843kW、設計上の浚渫能力は6000立方メートル毎時、リーマーの定格出力は6600kW。アジア最大・最先端のポンプ浚渫船であり、世界でスマート化水準が最も高い自航式ポンプ浚渫船でもある。

天鯤号の航行・稼働は今回が初。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<