「韓国企業が中国で直面している最大の問題は…」、専門家が指摘―中国メディア

配信日時:2019年4月12日(金) 19時20分
韓国企業が中国で直面している最大の問題―中国メディア
画像ID  1075275
中国・経済日報は11日、「韓国企業が中国で直面している最大の問題は競争力不足」と指摘する大学教授のコメントを伝えた。写真は中国深センのサムスンコーナー。
中国・経済日報は11日、「韓国企業が中国で直面している最大の問題は競争力不足」と指摘する大学教授のコメントを伝えた。

中韓は先月末、北京で自由貿易協定(FTA)の第2段階に関する話し合いを行った。「より自由で利便性の高いサービス貿易と投資環境の整備」に、今協議の重点が置かれたという。

記事によると、対外経済貿易大学の龔炯(ゴン・ジオン)教授はある番組に出演した際、「韓国企業にとって中国のビジネス環境と制度は十分に寛容」との考えを示し、「なぜなら韓国の大企業は中国で長年にわたって事業展開している。韓国系の中小企業だって多い」と説明。韓国企業が直面している最大の問題として絶え間ない競争と自らの競争力不足を挙げ、「例えばサムスンのフラッシュメモリは素晴らしいが、サムスンのスマホの中国での販売量はそれほどでもない。現代自動車は順義(北京市)の第1工場を閉鎖するという。韓国企業にとって最大の困難は市場競争の圧力にあり、韓国企業は中国市場で競争力を引き上げられるように策を練るべきだ」と指摘した。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/04/14 09:46)

    新興国が力を付けてくるのは誰にだって分かる理屈だし、特に学校でも「祇園精舎」の一節を学ぶ日本人なら「栄枯盛衰」が世の常だという事も知っている。 最近の日本人は近視眼的になってしまったが、韓国人や韓国企業はそれに輪をかけた感じの場合が多い。 韓国企業も技術開発に手間と時間と資金を注入すれば良かったんだろうが、そういう技術はいつまでも手っ取り早く日本から盗んでこれるとでも勘違いしたか。 今の日本企業も韓国企業の事は笑っていられないが、それ以上に中国企業が力を付けてきている事を否定できないだろう。 特に近年は欠陥品を「売り逃げ」する企業は減りつつあり、逆に「顧客からの評価」を気にする企業が増えてきた。 確かに技術力を得るのは一朝一夕にはいかないが、それを疎かにしては競争に勝ち残る事はできない。 一時的な「勝ち組」に胡座をかく韓国と、国に寄生する日本企業。どちらも安心はできない筈だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事