【募集中】韓国語社内スタッフ

サムスンスマホの中国での販売量が回復?韓国ネットは懐疑の目「1台が2台になっただけ」

配信日時:2019年5月13日(月) 10時10分
サムスンスマホの中国での販売量が回復?韓国ネット「1台が2台になっただけ」
画像ID  1075274
10日、韓国・ニュース1は「中国でサムスン製スマートフォンの販売量が回復した」と報じた。写真は深センにあるサムスンの売り場。
2019年5月10日、韓国・ニュース1は「中国でサムスン製スマートフォンの販売量が回復した」と報じた。

市場調査会社Counterpoint Researchによると、中国市場におけるサムスン電子のスマートフォンの今年第1四半期(1~3月)の販売台数は、昨年同期比では大きな変化がみられなかったものの、直前の昨年第4四半期(10~12月)と比べるとGalaxy S10シリーズの人気から40%近く増加した。市場シェアは昨年第2四半期~第4四半期まで0%台を記録していたが、今年第1四半期は1%台に回復したという。

華為(ファーウェイ)やVivo(ヴィーヴォ)、OPPO(オッポ)、アップルなど中国内の主要供給会社の中でも、販売台数が増えたのはサムスン電子と小米(シャオミ)だけだったという。

同社関係者は「今回発売されたGalaxy S10シリーズが中国でよい成果を収めている。GALAXY Aシリーズにさまざまなプロモーションを適用して価格優先の戦略を展開したのがよかった」と分析したという。

一方、中国のスマートフォン販売台数は昨年同期比7%、直前の昨年第4四半期比12%減少するなど市場の下落傾向が続いたが、減少幅は緩やかになったという。

これを受け、韓国のネット上では「世界的にヒットするサムスン製品を買わなければ自分たちが損するだけ」と強気なコメントもあるが、それよりも「シェア0%だったのが40%増えたって?」「1台売れてたのが2台になったからって販売台数200%増ってことじゃないよね?(笑)」など「回復」に疑いの目が向けられている。中には「LGが新製品出したからサムスン推しの記事を出したのだろう」「Galaxy Aの売れ行きがいいだけ。さもGalaxy S10が中国で売れてるかのように報道して、韓国内での販売量を増やそうとしてる」など戦略を指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事