中国人は汚染対策をせずに安価な製品を作りだす、世界の人々はそれを享受する―韓国紙

配信日時:2013年2月18日(月) 21時55分
中国人は汚染対策をせずに安価な製品を作りだす、世界の人々はそれを享受する―韓国紙
画像ID  371082
15日、韓国紙・朝鮮日報は記事「中国の大気汚染を弁護する」を掲載した。中国の深刻な大気汚染が話題となっているが、そのおかげで世界は安価な中国製品を享受していると説いている。写真は15日、華東地区を覆った濃霧と大気汚染。
2013年2月15日、韓国紙・朝鮮日報は記事「中国の大気汚染を弁護する」を掲載した。17日、環球時報が伝えた。

その他の写真

今年1月から中国の広い範囲で濃霧と大気汚染がたびたび観測されている。北京では視界が200メートルを割り込むことすらあったほどだ。そして中国の大気汚染は偏西風に乗って韓国へと飛来している。ある研究によると、韓国の空気中の微少な浮遊物質の3分の1は中国由来だという。問題は韓国にとどまらない。今や中国の汚染は全世界に拡散しつつある。中国の二酸化炭素排出量は全世界の4分の1、米国の1.5倍に相当する。

だが環球問題では“劣悪”とのレッテルをはられてしまった中国だが、別の視点から見ることも必要だろう。今や世界のスーパーで中国製品を置いていない店など存在しない。すなわち中国が汚染対策をせずに安い製品を作り出すことで世界の人々は恩恵を受けているのだ。もちろん汚染で一番苦しんでいるのは中国の人々である。

深刻な汚染に苦しむ中国だが、いつまでもこの状況にはいない。韓国もそうだった。1980年代後期、衣食に苦しまない程度の成長を実現した後に環境問題に関心が集まった。先進国の失敗と努力を見ているだけに、後から追いかける途上国は対策をとりやすいという面もある。

中国は今冬、汚染の数値を発表するという重大な変化を見せた。思うに今の中国は1980年代の韓国とよく似ている。今後、環境保護運動が活発になっていき、中国も環境保護に取り組み、その目的を実現することだろう。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事