Record China

ヘッドライン:

中国の専門家「リニアや高速鉄道が飛行機のお株を奪うことはない」―中国メディア

配信日時:2019年3月16日(土) 19時20分
拡大
国産大型旅客機「C919」のチーフエンジニア呉光輝氏は「中国の既存の高速鉄道は軌道を採用しており、最高時速400キロメートル級が限界だ。さらに速度を上げるならリニアを採用するしかない。リニア技術の発展を加速しなければならない」と述べた。写真はC919。

全国人民代表大会(全人代)の代表を務める国産大型旅客機「C919」のチーフエンジニア呉光輝(ウー・グアンフイ)氏はこのほど、「中国の既存の高速鉄道は軌道を採用しており、軌道での運行は最高時速400キロメートル級が限界だ。さらに速度を上げるなら、リニアモーターカーを採用するしかない。リニア技術の発展を加速しなければならない」と述べた。経済日報が伝えた。

リニアモーターカーは電磁誘導の原理を利用し、列車が重力に逆らうように軌道から浮上したり、軌道に吸引されたりして運行する。高速リニアは軌道から浮上するので、軌道との摩擦は生じず、空気抵抗を受けるだけで、「地上を這うように飛行する」などと言われ、最高時速は航空機のスピードにも迫ることができる。

呉氏は、「高速リニア技術の研究開発を引き続き推進し、リニアの運行速度をさらに引き上げることを提案する。北京と上海の間に時速500キロメートルのリニアが開通すれば、鉄道が優位性をもつことになる。現在の時速350キロメートルの高速鉄道と比較すれば、飛行機の方に優位性がある」と述べた。

呉氏はインターネットに広がる「リニアはスピードが速いので、飛行機に影響が出る」、「高速鉄道が飛行機のお株を奪う」といった見方について、「それぞれの道を行けばいい。飛行機には他の道もある」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

金正恩氏の専用列車は高級ホテル並み―中国メディア

25日、中国メディアの東方網は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が27~28日に開かれる2回目の米朝首脳会談に出席するため専用列車でベトナム・ハノイに向かっていることに関連し、「専用列車の豪華さは高級ホテル並みだ」と報じた。写真は北朝鮮。

Record China
2019年2月25日 17時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング