Record China

ヘッドライン:

アニメ界の「新勢力」中国、王国・日本の地位を脅かす―スペインメディア

配信日時:2019年3月15日(金) 18時30分
拡大
スペインのサイト「Observatorio de la Politica China」は10日、「アニメ王国・日本:中国——アニメ新勢力の目覚め」とする記事を掲載した。写真は中国・南京のアニメ制作会社。

2019年3月13日、中国メディアの参考消息網によると、中華圏の政治・法律・外国・台湾・マイノリティー・人権・安全保障・防衛といった政治の進展をフォローアップすることを目的とするスペインのサイト「Observatorio de la Politica China(中国政策観察センター)」は10日、「アニメ王国・日本:中国——アニメ新勢力の目覚め」とする記事を掲載した。以下はその概要。

アニメは、社会的、文化的、経済的な表現形式の一つであり、日本文化の重要な構成要素だ。日本は長らく「アニメ王国」と見なされてきた。もともとは国内消費のために生み出されたものであったが、日本政府の戦略により国際市場へと拡大していった。アニメは、中国での急速な普及により、もはや単純な娯楽商品ではなく、日本の「パブリック・ディプロマシー(公共外交)」の支柱の一つとなっている。その発展の歴史は、国家の発展の歴史と密接に関係している。

1980年代に日本経済は大きな繁栄の時代を迎え、強い経済力を有する日本政府は外交政策に集中するようになった。アニメの輸出は、日本の経済計画の重要な部分となり、日本の周辺諸国や地域に対する最も影響力のある施策の一つとなった。

日本のアニメは、中国の若い世代の対日態度さえ変えた。1980年代以降に生まれた若者の多くは、ドラえもんやポケットモンスターなど自分の好きなアニメキャラクターと日本を結び付けて考えている。

しかし、ターニングポイントは2016年に発生した。この時から、日本のアニメ業界における中国の立場は一変した。中国人の名前はアニメのスタッフリストの中だけに現れるものではなくなった。日本と中国の共同企画でアニメ化された「霊剣山」の誕生とともに、この協力モデルは常態化した。今では、日本で放送されるアニメ作品の15%が中国との共作だ。

日本で中国アニメが急速に拡大した背景には、主に二つの理由がある。第一は、両国の積極的な外交関係が両国のアニメ制作会社の協力に直接影響を与えたということだ。そしてもう一つは、中国がアニメ分野で「人のためにいたずらに苦労する」のではなく新たな協力モデルを探し求めることを望んでいるということだ。長年にわたって蓄積されたハイスキルな人材を通じて、中国はより収益性の高い協力モデルの追求に意欲を示している。

中国のアニメ作品はまだ、日本の助けを必要としている。だが中国のアニメは少しずつ脱日本化し、自分たちの世界へと歩み始めている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング