Record China

ヘッドライン:

「日本車を買いたいけれど」半年悩んだ中国人消費者、ついにトヨタ車を購入―中国メディア

配信日時:2013年2月18日(月) 8時40分
拡大
1/4枚
2013年2月16日、中国の華夏時報(電子版)は、旧正月直前にトヨタのカローラを購入した女性・楊さんを紹介した。

その他の写真

北京市在住の楊さんは、昨年5月からマイカーの購入を考えていた。いろいろ考えた結果、トヨタのカローラを買うことに決定。「9月に買う予定だったの。でもあんなことが起こって…」と楊さん。日本政府の尖閣諸島国有化に対する反日デモと日本製品ボイコット運動が昨年9月に発生し、自称「トヨタ車一筋の大ファン」である楊さんも日本車購入を断念するはめに。「ものすごく悩んだけど、少し様子を見ようと思って」。

当時、北京市最大の自動車販売市場・北京亜運村自動車交易市場が発表した調査報告によると、「日本車を購入する気はない」と答えた消費者は28.14%、「それでも日本車を購入する」と答えたのは14.57%、「日本車を購入する予定だったが考えを変えた」のは44.22%。残りの13.07%が「まだ迷っている」と回答している。

「こうなったら日中関係を徹底的に研究しようと思った。もうちょっとで、軍事評論家になれるところよ。日本と戦争にでもなったら、日本車なんて乗ってられないもの」と、政治問題や軍事問題を扱った番組やサイトを見まくったという。

「一番怖いのは車を壊されることなの。それに4S店(修理などのアフターサービスも行う正規販売店)はどんどん閉店してるし。日本車の人気が下がったら、中古の下取り価格も下がるでしょ?それも困るわ」と話す楊さん。国産車の購入に気持ちが動いたこともあった。

昨年11月になると、事態に好転の兆しが。日本車の販売台数も前月比で大きな伸びを示し、12月には前月比で27.6%増とさらに大きく回復。これで楊さんの心も決まった。夢にまで見た愛車のカローラを手に入れた彼女は「半年間迷ったけど、その価値はあったわ」と満足気だった。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

外国企業の1割「中国投資の延期・停止」=投資環境に変化―中国紙

8日、米国の米中貿易全国委員会はこのほど、外国企業の対中投資について「中国市場の参入障壁で直接投資は一部減少している。調査企業の約1割が『外国企業に対する制限で中国への投資計画を延期・停止を余儀なくされた』と答えた」と表明した。写真は北京の日本車販売店。

Record China
2013年2月10日 6時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング