日本が拒否していた慰安婦訴訟が再開?韓国裁判所が公示送達=韓国ネットからは疑問の声も

Record China    2019年3月13日(水) 16時30分

拡大

13日、韓国・YTNは、2年近く延期されていた「慰安婦訴訟」が開始される見込みだと報じた。写真は韓国にある慰安婦歴史館。

2019年3月13日、韓国・YTNは、2年近く延期されていた「慰安婦訴訟」が開始される見込みだと報じた。

ソウル中央地裁は12日、「損害賠償訴訟の訴状と訴訟案内書の日本語翻訳版を8日に日本政府に公示送達した」と発表した。公示送達とは、相手方の住所が分からなかったり、相手方が受領を拒否したりした時に、その文書を裁判所の掲示板などに一定期間掲示すれば法的に送達したものとする制度のこと。公示送達は5月9日から効力が生じるという。

韓国の元慰安婦と遺族らは2016年12月、「日本植民地時代に性奴隷として強制的に連行され、精神的・肉体的苦痛を受けた」と主張し、日本政府を相手取り損害賠償訴訟を起こした。これに対し日本政府は「ハーグ送達条約第13条の主権侵害に当たる」と主張し、訴状の受領を拒否している。

これに、韓国のネットユーザーからは「よくやった」「応援する」「日本には圧力を掛け続けなければならない」「日本に言いたいことをはっきりと言える文政権だから可能なこと」など称賛の声が上がっている。

一方で「お金をもらって解決済みの問題だってば(笑)」と主張する声や、「この国はいつまで過去に縛られるのか。感情的な国民に流されるだけで、国益のための戦略などない。日韓が敵対関係を続け、若者の間に嫌韓、反日感情が拡散して得られるものはあるだろうか?」と疑問を示す声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携