【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

「脱現金社会」にトライする日本―中国紙

配信日時:2019年3月12日(火) 22時50分
「脱現金社会」にトライする日本―中国紙
画像ID  1074736
12日、中国紙・光明日報(電子版)は、「脱現金社会にトライする日本」とする記事を掲載した。写真はウィーチャットペイ。
2019年3月12日、中国紙・光明日報(電子版)は、「脱現金社会にトライする日本」とする記事を掲載した。

記事はまず、中国ですでに「社会インフラ」になっているスマホなどを使用したモバイル決済について「先進国の日本では意外にも普及していない」とし、日本銀行のリポートによると、日本のモバイル決済の利用率はわずか6%であるのに対し、中国は98.3%と高いことを紹介した。

そして、日本でモバイル決済が普及していない原因について、「日本社会は新しいことを受け入れるスピードが比較的ゆっくりしている」「日本人はプライバシーをとても重視している」「現金払いが日本人に深く根ざしており、スマホの普及も完全ではない」「高齢化がモバイル決済の発展を制限している」ことを指摘した。

記事はその上で、「日本は脱現金社会にトライしている」とし、中国人観光客が訪れる場所では、アリペイやウィーチャットペイなどのスマホ決済を導入する売り場が増えてきていることや、安倍首相が先月、東京の商店街でキャッシュレス決済を体験し、「スマホを持っていないからiPadでQRコード(決済)をやった。お年寄りにも簡単だ」と語ったことなどを紹介した。

そして、日本の専門家が「現金決済を特に好む日本でも、消費者の利便性が高まり店舗の導入コストが下がるにつれて、スマホ決済は今後ますます普及していくだろう」との見方を示していることを伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/13 07:56)

    >脱現金社会にトライする日本 日本はすでにクレジットカードで脱現金化している。中国人観光客向けにモバイル決済を利用できるようしただけで、日本人が利用するかは未知数だろう。一部で現金しか受け付けない店舗もあるが、これはクレジット会社に手数料を払うことで、商品の販売価格が上がるためである。現金専門は良心的の証拠である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2019/03/13 00:00)

    中国は偽札が多過ぎて貨幣制度が崩壊しているので仕方なくQR決済が発展せざるを得なかったんだろ? paypay使ってるけど一々アプリ立ち上げ無ければならないからめんど臭いよ、モバイルSuicaの方が遥かに優れている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2019/03/12 23:26)

    こんな記事があったのですが、どっちが本当なのでしょうね。 「中国自慢のQRコード決済が脆弱性露呈で絶賛死亡中だと判明 急速に廃れつつある」 (U-1 News 2019年03月12日09:32) QRコード決済は、店舗側も消費者側も手軽に利用できる仕組みだが、手軽であるがゆえに数々の脆弱性がある。そのため、中国の「アリペイ」「WeChatペイ」は、急速に「QRコード離れ」を起こしている。 (上記記事より引用) スマホ上で支払い決済を行うのはセキュリティーが低くてとても危険です。 日本にはもっと安全なFeliCaがありますし、既に交通機関で普及済みですのでこれが主流になりそうです。iPhoneにもAndroidにもFeliCaが乗り始めたようです。FeliCaのように安全な決済方法が世界中で広がって欲しいものです。
    このコメントは非表示に設定されています。
    10 0
最新ニュースはこちら

SNS話題記事