Record China

ヘッドライン:

日本探訪、1つのアニメ作品が地域経済をどう動かすか―中国メディア

配信日時:2019年3月16日(土) 10時20分
拡大
10日、中国中央テレビは「日本探訪、一つのアニメ作品が地域経済をどう動かすか」と題するコーナーで、アニメファンの聖地となっている熊本県人吉市の様子を紹介した。

2019年3月10日、中国中央テレビ(CCTV)は「日本探訪、一つのアニメ作品が地域経済をどう動かすか」と題するコーナーで、アニメファンの聖地となっている熊本県人吉市の様子を紹介した。

CCTVはまず、人吉市を「アニメ『夏目友人帳』の舞台地」と説明。「人口およそ3万人の小さな町だが、作品の放映によってチャンスと活力がもたらされた」とし、取材当日も悪天候の中、作品に登場する風景を求めて多くのファンが現地を訪れていたことを伝えた。

CCTVはこうしたファンの声の他、ファンのために聖地をめぐるコースを4種類ほど用意したと話す地元のタクシー運転手のコメントを紹介。ホテルや店などで作品にちなんだグッズが売られていることも取り上げた。

CCTVは「一つのアニメ作品が無名の町を一躍、人気観光地に変えた」と指摘。アニメの舞台になったことがきっかけで観光スポットと化した地区は日本全国に約5000カ所あるとのデータにも言及した。(翻訳・編集/野谷

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング