【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

米国人の対中国好感度、貿易戦争の影響で急降下―米華字メディア

配信日時:2019年3月12日(火) 15時30分
米国人の対中国好感度、貿易戦争の影響で急降下―米華字メディア
画像ID  1074613
11日、米華字メディア・多維新聞によると、米ギャラップは同日、米国人の中国に対する好感度が2012年以降で最低の41%まで落ち込んだとの世論調査結果を発表した。資料写真。
2019年3月11日、米華字メディア・多維新聞によると、米ギャラップは同日、米国人の中国に対する好感度が12年以降で最低の41%まで落ち込んだとの世論調査結果を発表した。

調査は米国人1016人を対象に、先月1~10日にかけて実施された。昨年の同時期に発表された調査結果で「中国に対して好感を持っている」とした人は過去約30年で最高の53%に達したが、今年は12ポイントもダウン。この他、「今後10年間、中国の経済的実力は米国の脅威になる」と考える人は46%と、15~18年の40~41%から5ポイント程度上昇した。

国別の好感度はカナダ、英国、日本、ドイツ、フランスが上位に並び、中国は13位だった。記事は「米中貿易戦争が米国人の対中好感度を大幅に下げた」と伝えている。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2019/03/12 15:39)

    米国は、これまで中国に無警戒過ぎた。 民主党政権は第二次大戦以降、伝統的に中国に親和的で、共和党はアフガニスタンやイラクとの戦争で中国を味方につけようとしてきた。オバマなどは海洋侵略を進める中国に、ほとんど何もしなかった。 米国はようやく中国の脅威に気付いて、対応を始めたところだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事