原口元気の「不運すぎる」シュート、中国でも同情の声

配信日時:2019年3月12日(火) 9時40分
原口元気の「不運すぎる」シュート、中国でも同情の声
画像ID  1074596
12日、サッカーのドイツ1部ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気の「不運すぎる」シュートに中国でも同情の声が上がっている。資料写真。
2019年3月12日、サッカーのドイツ1部ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気が、10日(現地時間)のブンデスリーガ第25節レバークーゼン戦で、相手GKをかわして無人のゴールに放ったグラウンダーのシュートが、ピッチに積もった雪の抵抗でスピードを失い、ゴールライン目前でストップし、相手選手にクリアされてしまったことが中国でも話題になっている。

中国のスポーツメディアの新浪体育は11日、「不運すぎる!日本代表選手のナイスなシュートが大雪に阻まれる」との見出しで、その様子を動画で紹介した。

これについて、中国のSNS上では「あまりにも気の毒」「これが決まれば今季初ゴールだったそうじゃないか」「クリアした相手DFも最初は諦めていた」「認定ゴールにしてあげてもいいぐらい」「これがほんとの『雪上加霜』」などと同情の声が多く上がっていた。

また「シュートに『元気』が足りなかった」との声もあった。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事