【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国の元駐日大使が「反日」文政権に警告=ネットからは賛否両論の声

配信日時:2019年3月12日(火) 12時0分
韓国の元駐日大使が「反日」文政権に警告=ネットからは賛否両論の声
画像ID  1074446
11日、韓国・朝鮮日報は元駐日大使とのインタビュー内容を報じた。資料写真。
2019年3月11日、韓国・朝鮮日報は権哲賢(クォン・チョルヒョン)元駐日大使に日韓関係についてインタビューを行った。

権元駐日大使は、2008~2011年まで駐日韓国大使を務めた人物。記事では「現在の最悪な日韓関係について、彼よりも話す資格のある人はいないだろう」と伝えている。

権元大使は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長の「刀をさした巡査(日本統治時代に義兵と独立軍を討伐し、独立運動家を弾圧した警察)」「後ろ暗ければ尻もちつく」といった過激な発言を挙げ、「責任あるポストにつく人が反日感情をあおっている」と主張。「戻ってくる被害は国家と国民の負担になる。現政権はどんな意図でそうしているか」と疑問を呈したという。

今年は韓国で独立運動記念日100周年の年。権元大使の在任時代には「日韓併合100周年」があったが、権元大使はこれを「(独立運動記念日100周年よりも)はるかに敏感」と表現し、「当時も反日感情をあおる発言があったが、『過ぎ去った100年を克服し、新たな100年に向けて進もう』という論理がより大きな支持を得ていた」「日本の各界関係者と日韓関係の未来に関する話し合いを通じて(当時の)菅直人首相の談話が発表されることになった」と説明した。また、東京では14万人が参加した日韓フェスティバルの開催、日本との300億ドルの通貨スワップ協定の締結などもあり、任期を終えて帰国する際には、日韓関係改善の功労から歴代駐日大使としては初めて天皇皇后の昼食会に招待されたという。

権元大使はまた「日本の政治家らの反韓発言を良く思う日本人は相対的に少ない。しかし韓国社会では、反日感情はいくら度を越えても罪ではないという認識がある」とし、ウィーン条約に違反する日本大使館前の慰安婦像や徴用勤労者像の設置を例に挙げた。

記事は最後に「昨年だけで750万人が日本を旅行した。近年、就職難に追い込まれている韓国の若者も日本に渡っている。韓流が日本人を魅了したように、日本風は韓国人の日常に溶け込んでいる。政権勢力は過去を暴き出して反日感情をあおるが、国民の多くは日本と気まずい仲ではいられないということを身を持って知っている」という権元大使の言葉を伝えている。

これを受け、韓国のネット上では40~50代の男性を中心にコメントが寄せられている。「正確な指摘」「正しいのに、文在寅派はこれを分かってない。国を踏みにじったのは日本だけじゃない。朝鮮戦争は?国際通貨基金(IMF)は?」などとのコメントをはじめ、「文大統領はただ北朝鮮のために国民を分裂させて、日本を利用して同情を引こうとしてる」「人気さえアップすれば国が滅んでも知ったこっちゃない政権」「文大統領の頭の中には国民が分裂して争うことしかない」など政権批判が深まっている。

一方で「日本人が何したか分かってて言ってる?」「日本のせいで今でも苦しんでいる人はいる」「これだから親日積弊清算が大切。35年間も日本苦しめられたのにまだ分かってないなんて。真実を知るべき」などの反論コメントも相次いでいる。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 14

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/03/19 12:22)

    (2)つまり大韓帝国内反日派は、小村らに騙され、利用されたのである。私がそう考える理由は、安重根は日本の元勲筆頭伊藤を暗殺したテロリストに過ぎないのに待遇が良すぎるのである。残された記録も安重根を高く評価するものばかりである。これには何か日本の政治的意図があったと思わざるを得ない。大杉栄らが刑務所内でまともな裁判のなく殺されたのはこのわずか2年後であることを考えると、そのあまりの差を感ぜざるを得ない。またこの本で初めて知ったことは、安重根は日本の裁判所で裁くことができない可能性があり、また当時の先例では安重根は死刑にならない可能性が高かったことだ。安自身無罪かせいぜい数年の懲役を考えていたらしいことだ。日本は安重根の裁判権を言わば強引に行使し無理やり死刑にして安の口を塞いだのである。伊藤暗殺事件はケネディ事件のオズワルド暗殺を思い起こさせる。ケネディ事件にもCIAの関与が噂されている(終)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/03/19 11:58)

    (1)私は以前から伊藤博文の暗殺には何かとてつもない陰謀が隠されていると感じていたが、大野芳「伊藤博文暗殺事件」(新潮社、2003年)を読んでその意を強くした。著者は安重根鉄砲玉説であるが私もそう思う。では黒幕は誰か。著者は山縣、陸軍、右翼団体らのグループと考えているが、私は山縣や桂、陸軍は絡んでいないと思う。また関係者が多いと必ず秘密が漏れる、従って少数の者によって実行されたと考えるべきだ。私は当時の外務大臣小村寿太郎が極めて怪しいと思っている。小村は日露戦争の結果朝鮮のみならず満州へも日本の勢力を伸長させる絶好の機会と考えていたが、その最大の障害が伊藤博文だった。小村は伊藤のハルビン行きのスケージュールを知りえた立場にあり、右翼団体の大物の知り合いもあった。彼を含む少数の者によって伊藤暗殺が計画され、大韓帝国内反日派グループと提携して決行されたのではないか。(続く)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • abi***** | (2019/03/13 14:46)

    残念ながら、この元駐日大使は現在の日本の状況を全く理解していない。すでに正確な情報を伝えてもらえる人脈を日本には持っていないのだろう。 一部の政治家だけが韓国に強硬発言をしていて庶民は同意していないという誤った情勢判断が何よりの証拠である。今や、日本人の多くが韓国には言葉で説得するのは無理だと痛感している。経済制裁は秒読みの段階である。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事