【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<コラム>関羽が守った荊州城、半日ゆっくり歩いて城壁めぐり

配信日時:2019年3月13日(水) 23時20分
<コラム>関羽が守った荊州城、半日ゆっくり歩いて城壁めぐり
画像ID  1074411
湖北省荊州市は、上海と四川省成都市を結ぶ東西の線と北京と海南島を結ぶ南北の線が交わる地点にある。まさに中国の中心部にある。現在の荊州市周辺は長江文明が栄えた地であった。6000年前の大渓文化や屈家嶺文化の遺跡が出土している。
湖北省荊州市は、上海と四川省成都市を結ぶ東西の線と北京と海南島を結ぶ南北の線が交わる地点にある。まさに中国の中心部にある。現在の荊州市周辺は長江文明が栄えた地であった。6000年前の大渓文化や屈家嶺文化の遺跡が出土している。また春秋戦国時代、楚の首都「郢:えい」はこの周辺にあった。秦が楚を「荊:けい」と改称したのが地名の始まりである。

その他の写真

春秋時代、周王朝の次の覇者にならんと中原で晋と斉が戦う中、長江中流域にあった楚国は独立した王国として存在した。貨幣に「金」を使ったように、非常に豊かな国であった(写真1)。文公14年(紀元前613年)と昭公23年(紀元前519年)に春秋左氏伝に「郢に城く」とあるように、楚はその首都を度々遷都、その都度「郢」と名付けた。その場所は現在「紀南城遺跡」として確認される。その城壁は、ほぼ方形で一辺が3.5km~4.5kmの長さであった。この城壁は現在の荊州市の北にあり、周辺の山々には楚王以外漢の貴族の墓などが見られる。

戦国時代に入り強国になった秦は、紀元前278年将軍「白起」を送り、紀南城を攻めた。楚国は新たに紀南城の南方1kmほどの新しい「郢城」を造営した。(地図1)の写真は、その西城壁遺構であるが、高さは3~4m、幅は15mほどの土塁であった。この「郢城」は荊州駅のすぐ北(やや北東)にある。

三国時代には魏・呉・蜀(蜀漢)三国の境界の地となった。荊州を征する者が天下をも征すると言われ、荊州牧として劉備玄徳から信任されていた関羽は、呉王「孫権」によって捕えられ斬首、荊州を失った劉備玄徳は結局天下を取ることは出来なかった。

この「関羽」が最初に城郭都市を作ったといわれる。(地図2)にあるように、堀の周囲約11kmに渡り、城壁と城門を見ることができる。現在の高速鉄道「荊州駅」のほぼ南方向で、6つも門から構成されている。何と言っても特徴は、城壁と城門そして楼閣(東門と北門)が存在する事である。しかも城門は、二重構造(門が二つあり)になっており、中に入る敵兵を上から射殺すことが出来る(写真2)。この構造を見ることで、中国内にかつてあった大半の城門は、このような設計であったと推定できる。

6つの門では東門が迎賓門で、ここに賓陽楼と言う楼閣がある。その南に小東門(公安門)、そこをしばらく行くとちょうど南門となる。そこから西に行くと西門(安瀾門)となり、そこから北に行くと楼閣のある大北門(拱極門)となる。大北門の前にある橋が得勝橋である。常勝将軍「関羽」はこの門から出発し、常に勝って戻って来たという。そこを東に行くと小北門(遠安門)となる。1周歩いても3時間半ほどである。現在、自動車専用に東と北に新門が作られている。現在の城壁は清充順治帝代(1646年)に再建され、周囲約10km・高さ8.8m×幅10mにもなる。

この荊州城内には博物館があり、6000年に渡る歴史遺産を見ることができる。その中でも前漢時代の男性ミイラと明代末の尼僧と思われる女性ミイラが展示されている。この女性の皮膚は500年後の今でも生きているが如くである(地図2左上)。

■筆者プロフィール:工藤 和直
1953年、宮崎市生まれ。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事