【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

ビクトリアハーバーに浮かぶ真っ赤なジャンク船

配信日時:2019年3月15日(金) 18時20分
ビクトリアハーバーに浮かぶ真っ赤なジャンク船
画像ID  1074377
香港と言えばジャンク船を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。ジャンク船とは三角形の帆が3つついている木造船のこと。貿易が盛んだった香港はジャンク船が行き交っていたが時代の流れと共に消えていき、今は観光用クルーズとして復活し大活躍をしている。
香港と言えばジャンク船を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。ジャンク船とは三角形の帆が3つついている木造船のこと。古くから貿易が盛んだった香港では、昔から多くのジャンク船が港を行き交っていた。時代の流れと共に消えていったジャンク船だが、今は観光用クルーズとして復活し大活躍をしている。

その他の写真

高層ビルが立ち並ぶ壮大な景観を持つビクトリア湾。そのビクトリア湾を行き来する昔ながらのジャンク船は、現代と伝統をうまく調和している香港を象徴するかのようなアイコンといえる。美しい夜景の中に真っ赤に浮かびあがる赤い帆船は、映画の中の古きよき時代の香港へ入り込んでしまったかのようで、人びとを魅了して止まない存在となっている。このジャンク船は幾つかの会社により運行が、今日ご紹介するのは赤い帆船と白い帆船を保有するアクアルナクルーズである。

日中はリゾート地の一つである香港島・スタンレーまでのクルーズや点心を食べながらのディムサムクルーズを運行しているほか、イブニングクルーズ、シンフォニーオブライツの時間にあわせたクルーズなどを展開している。ビクトリア湾内を1周する1時間弱のナイトクルーズは、船の周り360度の輝く夜景を見ることができて一番の人気コースであろう。また、帆船はチャーターができるため、各種パーティーや撮影などにもよく利用されている。

香港といえば夜景、そして船上から見る夜景は一生忘れられない景色である。その特別感を更に引き立てて演出してくれるのがジャンク船という存在である。ぜひ一度、体験をしていただきたい。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「ビクトリアハーバーのジャンク船」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事