【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

中国のJ20戦闘機が持つステルス能力の高さを示す資料が流出―米華字メディア

配信日時:2019年3月12日(火) 0時20分
中国のJ20のステルス能力の高さを示す資料が流出―米華字メディア
画像ID  1074304
10日、米華字メディア多維新聞は、中国のJ20戦闘機が持つステルス能力の高さを示す資料が流出したと報じた。写真はJ20。
2019年3月10日、米華字メディア多維新聞は、中国のJ20戦闘機が持つステルス能力の高さを示す資料が流出したと報じた。

記事は、8日にネット上で解像度の高いJ20の飛行写真が拡散したほか、中国の軍需工業が空軍軍備に関する成果をPRした際に、未公開だったJ20の一部アングルを自ら進んで披露したことを紹介した。

また、近ごろ中国軍隊内部から出た可能性があるJ20の作戦能力などに関する報告書のキャプション画像が出現し、注目を集めたと説明。そこにはJ20の戻り電波に不連続性があるうえ波長が狭いという特徴とともに、後方保障部門がJ20の位置を把握するための対処法が書かれていたとした。

そして、J20のプロトタイプ初号機が2011年1月11日に試験飛行を行った際、管制塔がJ20の位置を見失い、位置を教えるよう指示を出したことを紹介。「これこそ、J20が航空ショーや軍事パレードの際には常にルネベルクレンズ反射器を装着している理由なのだ」と伝えている。

記事は、J20には6種類のステルス設計技術が採用されており、専門家からはそのステルス能力が米軍のF22やF35に匹敵するとの意見も出ていると紹介した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2019/03/12 09:19)

    >J20のプロトタイプ初号機が2011年1月11日に試験飛行を行った際、管制塔がJ20の位置を見失い、位置を教えるよう指示を出した これはステルス性についてのテストだったのか?なら半分は納得だが、実戦で味方でも位置を把握できないことの露呈だとしたら、中国の電波探知や戦術連携技術が初歩レベルってことだよね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/03/12 08:07)

    中国製のJ20はロシア製のエンジンを搭載しており、中国は国産エンジンの開発に成功したと言っているが、まだ量産できる状態ではない。そのため今後ロシアとの国交が断絶すればエンジンの供給が止まる危険がある。戦闘機は本体よりエンジンの寿命が短いため、交換できないと飛ばせることが出来なくなるのだ。そのためJ20のパキスタンへの輸出が頓挫(とんざ)しているという。いくらステルス性が高くても、エンジンのない戦闘機では意味がないからだ。飛ばない飛行機がステルスなのは当り前である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/03/12 07:03)

    >J20のプロトタイプ初号機が2011年1月11日に試験飛行を行った際、管制塔がJ20の位置を見失い、 インド空軍の指揮官が通常レーダーでも捉えれると言ってるし インドのSu-30MKI搭載レーダーより性能が下ってことなのかねー まぁそもそもステルス機と言っても完全にレーダーに映らない訳じゃないんだから この管制塔の連中も中国人らしい訓練もまともにしてない低能と言う事なんだろうね それに試験飛行とかならステルス機側が自分の位置情報を発信して存在を明確にするもんじゃ無いの? 西側諸国ならデータリンクを使って位置を味方に知らせるシステムを持ってるんだけどね と言う事は、中国は反射板を取り付けないと味方に撃墜される可能性も在るんだ、怖いねー
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事