【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

習主席「エコな開発の理念を確立すべき」

配信日時:2019年3月9日(土) 11時32分
習主席「エコな開発の理念を確立すべき」
画像ID  1073953
3月8日、習主席は中国の全国人民代表大会地方代表団の政府活動報告に対する審議に出席した。
中国は、経済や社会の発展及び人口状況を踏まえて、食糧確保のための最低限の耕地面積を1億2000万ヘクタールとしています。

その他の写真

習近平国家主席はこれについて、「最低ラインをしっかりと守り、食糧を中心とした重要な農作物の供給を確保する必要がある。これは第19回党大会における農村振興戦略の大切な任務だ」と改めて強調しました。

習主席はまた、「地方政府は、土地を法的に管理する体制を整え、違法な行為を許さないよう責任を持つべきだ」と述べました。

生態環境の優先とエコな開発は、中国が質の高い発展を進める新しい方法です。農村部でこれを実施するには、まず住環境を改善する必要があります。これは、中国の最高指導者である習近平国家主席からの全人代の代表への回答の一つです。

中国は、去年から3年計画で農村部の生活環境の整備に取り組んでいます。習主席は、この事業を着実に推進し、農業の環境保護や汚染対策に努め、また農作物の産地の環境モニタリング体系を整備して、庶民が安全で信頼できる農産物を食べられるようにすべきだと強調しました。

習主席はこの日、全人代で、地方代表団の政府活動報告に対する審議に出席した際、農村振興に向けて、交通輸送や農業用水、飲み水、物流、ブロードバンドといったインフラ整備へ様々な民間資本の導入や支援をすべきだと述べました。

中国共産党の第18回党大会以来、中国の指導部は、豊かな暮らしへの農家の願いに注目しています。習主席は農村部を視察する都度、現地の農家に、何が必要かを尋ねます。道路の整備も大変気にしており、また「トイレ革命」や水道、電気、暖房供給の改善を訴え、中国の全面的な小康社会(いくらかゆとりのある社会)を築く中で1人の貧困者も見過ごさないよう繰り返し強調しています。

習主席は8日、北京で、「中国の近代農業は発展の余地が多分にあり、今の農村は期待十分で希望のある場所だ」と述べました。農業の盛んな河南省の全人代代表と話し合った時に、「中国は今、都市と農村で人材や資本などが自由に行き来するようになっている。大学生のUターンも増え、また海外経験者が農村で起業のチャンスをうかがっている」と語りました。(提供/CRI・編集/RR)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/09 17:12)

    >食糧確保のための最低限の耕地面積を1億2000万ヘクタールとしています 中国人口は13憶人だから、10人当たり1ヘクタールの農地が確保されていることになる。1ヘクタールは10、000平方メートル(1辺が100メートルの正方形)だから、10人分の食糧なら十分であろう。ただし農地は確保できても、農業用水や化学肥料まで考慮されていなければ、ただの休耕田にすぎない。特に中国は生活用水に利用するため、地下水を汲み上げすぎなので、砂漠化が進行しているようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/03/09 13:07)

    全国人民代表大会に人民の代表など一人もいない。 共産党の自慰行為以外に、いったい何の意味があるんだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事