Record China

ヘッドライン:

中国ネット検閲システム“生みの親”、新年あいさつに罵詈雑言数万件―中国メディア

配信日時:2013年2月13日(水) 7時10分
拡大
12日、中国の国家的大規模ネット検閲システム「グレート・ファイアウォール」の生みの親、北京郵電大学の方浜興学長がインターネットに新年の挨拶を書き込んだところ、コメント欄に数万件の罵詈雑言が殺到した。写真は方学長。
(1/3枚)

2013年2月12日、網易によると、中国の国家的大規模ネット検閲システム「グレート・ファイアウォール」の生みの親、北京郵電大学の方浜興(ファン・ビンシン)学長がこのほど、インターネットの簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)に新年の挨拶を書き込んだところ、コメント欄に数万件の罵詈雑言が殺到した。学長側はコメント欄を閉じたものの、2万5000回以上転送されて批判が拡大している。

その他の写真

方学長は同9日午後3時35分、微博に「皆さん新年おめでとう。巳年に勝利を」で始まる格調高い一文を掲載。ところが賞賛の声はまったく寄せられず、コメント欄には突っ込みと罵りがあふれかえった。このため学長側はコメント欄を閉鎖。しかし、ネット上では転送に次ぐ転送が重ねられ、批判がエスカレートしている。

方学長はグレート・ファイア・ウォール開発の中心的存在。同システムは中国政府に都合の悪い情報へのアクセスを阻むため、敵をはね返す万里の長城(グレート・ウォール)になぞらえ命名された。しかし、当局の情報操作に対する市民の不満が拡大。方角長は11年5月にも、武漢大学での講演中に学生たちの反発にあい、卵を投げつけられている。(翻訳・編集/AA)

関連記事

「金さえあれば、ではない」!中国のインターネット、急速な成長と改善されない「自由」―米メディア

16日、米ラジオ局・ボイスオブアメリカ中国語サイトは記事「ネットユーザー3億8000万人に、目覚ましい発展と改善されない自由」を掲載した。中国政府がネット検閲を強化するなか、グーグルの声明が与えた影響が注目される。資料写真。

Record China
2010年1月17日 16時49分
続きを読む

ランキング