【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

シンガポールがF35購入決定、「中国へのシグナルだ」と米メディア

配信日時:2019年3月8日(金) 13時30分
シンガポールがF35購入決定、「中国へのシグナルだ」と米メディア
画像ID  1073653
7日、中国メディアの観察者網は、シンガポールが米国からF35戦闘機を購入する計画を明らかにしたことについて、米メディアがすぐに「中国へのシグナルだ」との論調を展開したと報じた。写真はF35。
2019年3月7日、中国メディアの観察者網は、シンガポールが米国からF35戦闘機を購入する計画を明らかにしたことについて、米メディアがすぐに「中国へのシグナルだ」との論調を展開したと報じた。

記事によると、シンガポール華字紙・聯合早報は、同国の ウン・エンヘン国防相が1日に米国からF35戦闘機4機を購入し、今後さらに8機追加すると発表したことを紹介。すでに米国の政府と国防総省から同意を得ており、トランプ米大統領が2月にリー・シェンロン首相に歓迎を示す書簡を送ったという。

また、同国によるF35購入計画について、米CNNは中国と結び付けて専門家の意見を紹介し、「中国に対するシグナルを出した」と報じた。CNNは米シンクタンクの軍事アナリストが「中国はこの一件から、アジア太平洋地域では米国への需要が依然として大きいことを見て取ったはずだ」と述べたこと、豪シンクタンクの軍事アナリストが「シンガポールによるF35購入は、中国に南シナ海の防空ネットワークをどう改善するか、ステルス性を持つF35を艦艇上からどう偵察、ターゲッティングするかを考えさせることになるかもしれない」と論じたことを紹介している。

これに対して観察者網の軍事評論家は「シンガポールはマラッカ海峡に近い都市国家であり、米国はマラッカ海峡を戦時に掌握する必要がある世界の重要なシーレーンの1つと認識している。米国は長期的にシンガポール軍に自国の先進兵器を提供する便宜を図る一方で、シンガポールのチャンギ海軍基地は米海軍の東南アジア地域における最重要拠点の1つになっている。シンガポールによるF35購入は、安全保障問題における同国の対米依存の姿勢に何ら変化がないことを表すものだ」と解説した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ユパミ***** | (2019/03/08 19:17)

    大したこと無い 何も変わらないと中国が言うので有れば きっと非常に困る 何とかしなくてはと言っているのと同じです 大丈夫 こっちの兵器の方がこんなに良いと中国が言うと全く逆な感想を中国は持っている 地理的にシンガポールは 米国が中国にくさびを打ち付ける場所 日本とフィリピン インド 頼り無いがインドネシア等より一段上の重要拠点だろう そこに米国最新兵器が配備されるのは中国は頭が痛いだろう 万が一j20と対峙してスペックが丸裸にでもされたら 今後20年の航空機開発をし直しに成りかねないし F35の高性能レーダーに怯えて 行かなくてはいけないのだから ただしシンガポールも闇雲に中国を刺激したくは無いだろうから 何らかの配慮は有るかも知れないけど
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2019/03/08 17:19)

    シンガポール軍自体はたいした規模ではないが、対中国的には非常に重要な決定だね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事