【募集中】韓国語社内スタッフ

撤退から10年、韓国の現代自動車が日本車市場に再挑戦=韓国ネット「やめておいた方がいい」

配信日時:2019年3月8日(金) 12時50分
撤退から10年、韓国の現代自動車が日本車市場に再挑戦=韓国ネット「やめた方が…」
画像ID  1073436
6日、韓国・電子新聞は、現代自動車が日本の車市場に「再び挑戦状を突きつけた」と報じた。2009年に販売不振で撤退して以来、10年ぶりのことという。資料写真。
2019年3月6日、韓国・電子新聞は、現代自動車が日本の車市場に「再び挑戦状を突きつけた」と報じた。2009年に販売不振で撤退して以来、10年ぶりのことという。

業界によると、現代自動車は日本進出のデビュー舞台として、今年10月24日に東京で開かれる「東京モーターショー2019」に600平方メートル規模の単独ブースを設ける予定で、「Nexo」など世界初となる量産型の水素電気自動車(FCEV)や電気自動車(BEV)を中心に据える。車の販売時期はマーケティング効果が期待される東京五輪の日程を考慮し、早ければ年末か来年初めが有力視されているという。

現代自動車は2017年から日本のタスクフォース(TF)を運営して市場戦略を練ってきており、初期市場の看板車種として最終的に「エコカー」を選択したという。大々的なマーケティング活動より、現地で販売されていないSUV型のエコカーを中心に初期市場の定着を狙うとみられているという。

また記事は「日本は輸入車の市場シェアが10%にも満たないほど自国ブランドを好む傾向が高く、現代自動車が通用しない唯一の市場」と指摘。今回の再挑戦は「変化した韓国自動車の存在感を証明する舞台でもある」と伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「中国車が韓国に進出したら買う人いる?日本人はそんな目で韓国車を見てるだろう」「日本人は軽自動車に乗る人が多いから、現代自動車の入る隙はない」「現代自動車のみならず、Galaxyを除いて韓国製品を日本のテレビCMで見たことがない」「製品の競争力とかの問題じゃなくて、日本人はまず韓国産は買わないからやめておいた方がいい。サムスンが唯一主導権を握れない市場が日本」など、再挑戦に否定的な反応が相次ぎ、「独自ブランドで競争するより、三菱自動車を買収する方がいいんじゃない?」「日本進出はやめてマツダやスバルを買収して!」などと提案する声も上がっている。

ただし、少数派ではあるが「トヨタもそのうち電気自動車を出すだろうけど、まだ出ていない。電気自動車+水素自動車のSUVや乗用車で攻めていったら勝算はある」「今回こそは頑張って」「いろんな方向から攻めていって」など応援メッセージも届いている。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 15

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2019/05/08 06:51)

    懲りないねヒュンダイも。歪んだHマークを隠して販売でもするつもりなのかな。それともエンブレムを旭日旗にでもして売るぐらいの根性がありますかね。だいたい10月って日本が韓国に制裁措置を発動してる頃なんじゃないの。韓国車なんて日本に入れられるわけないでしょう。敵国日本なんかで商売しないでアフリカにでも売ってて下さいな。韓国の用日にはもううんざりなんだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 秀野荘***** | (2019/03/11 15:26)

    1.3リッターのターボで200馬力超とか、そういう飛び道具でも出さないと絶対に売れないと思うな。あとそうだな、恰好は1960〜70年代の車なんだけど、中味は最新のハイブリットとか電気自動車とかね。開発費かかるけど、そのぐらいはしなくては。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/03/10 20:50)

    昔60年以上前にトヨタ自動車と日産自動車はアメリカで販売を開始したが、その営業努力は涙ぐましいもので、冬場エンジン始動が難しい時期は営業マンが既納先を回ってエンジンを始動させるサービスをしたり、アメリカ人の好みを徹底的に押さえてフェアレディZのような車を生み出したりと言う、とにかくアメリカで認知してもらうために血の滲むような努力の末にアメリカで成功した、この位壮絶な覚悟があって日本市場に参入するならまだしも、上から目線で「チョッパリなんてこんなもん」みたいないい加減な取り組み方をするなら迷惑なので日本に来ないでいただきたい
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事