【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

「建築界のノーベル賞」が日本人の手に!中国ネットが称賛する特別な理由とは?

配信日時:2019年3月7日(木) 18時20分
「建築界のノーベル賞」が日本人の手に!中国ネットが称賛する特別な理由とは?
画像ID  1073404
「建築界のノーベル賞」と称されるプリツカー賞の今年の受賞者が日本の磯崎新氏に決まった。このニュースに中国のネットユーザーが反応を示している。写真は磯崎氏が手掛けた上海交響楽団音楽庁。
「建築界のノーベル賞」と称されるプリツカー賞の今年の受賞者が日本の磯崎新氏(87)に決まった。このニュースに中国のネットユーザーが反応を示している。

その他の写真

旧大分県立大分図書館などを代表作とする磯崎氏は、中国でも中央美術学院美術館(北京市)、上海交響楽団音楽庁(上海市)などさまざまな作品を手掛けている。

同氏の受賞に際して祝賀メッセージを中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に寄せた樊建川(ファン・ジエンチュワン) 建川博物館館長は「磯崎氏とは知り合って16年になる」とつづり、「彼は私のために中国侵略日本軍罪行館を設計してくれた」と説明。「一部の日本人は彼を理解しなかったが、彼は『平和のために戦争を収蔵するという建川さんに賛成する』と静かに話してくれた」と、磯崎氏とのエピソードを披露した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「おめでとうございます!」「遅すぎる受賞。上海のコンサートホールも磯崎さんでしょ?」といった声の他、「罪行館に行ったことがある。細部までよく考えられていて日本式の設計だと感じた」「ぜひ行ってみたいと思う。こういう背景にあるストーリー、いいね」「磯崎さんみたいな日本人はそんなにいない」「磯崎さんに『いいね』を贈る」「広い心を持つ人に成功がもたらされる」などのコメントが寄せられている。

なお、日本人で同賞を受賞するのは磯崎氏が8人目。授賞式は5月に行われる。(野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/07 21:03)

    >一部の日本人は彼を理解しなかったが、彼は『平和のために戦争を収蔵するという建川さんに賛成する』と静かに話してくれた 一部と言うか、すべての日本人が彼を理解していない。建築家は施工主の注文通り建設するだけとは言え、旧日本軍を非難中傷する〈ねつ造証拠〉を展示する建物ではないか。磯崎氏はチャイナマネーに目がくらんだのか、それとも何かトラウマを抱かえて『日本人を怨む』ようになったのだろうか。彼には〈建築界のノーベル賞〉より『腕のいい精神科医』を贈りたい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/03/07 20:30)

    中国人がベトナムで中国侵略記念館を設計し、プリツカー賞を受賞したら、その中国人はノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏と同じ運命をたどることは明白だ。 野蛮人に、国際賞は無縁だ。論評する資格はない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/03/07 18:42)

    成る程、自分たちは敵国である日本にも暖かいお祝いの言葉を贈る、心の広い民族だと言いたい訳だな、日本人のプリツカー賞をダシにした何時もの自画自賛か
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事