【募集中】韓国語社内スタッフ

日本から届いた謎めいた小包―中国紙

配信日時:2019年3月9日(土) 12時10分
日本から届いた謎めいた小包―中国紙
画像ID  1073310
7日、中国浙江省の地元紙、都市快報は、同省嘉興市にある水郷の町「西塘古鎮」を旅行して帰国した日本人の若いカップルから、謎めいた小包が届いたと報じた。資料写真。
2019年3月7日、中国浙江省の地元紙、都市快報は、同省嘉興市にある水郷の町「西塘古鎮」を旅行して帰国した日本人の若いカップルから、謎めいた小包が届いたと報じた。

記事によると、西塘古鎮の観光案内所に今月5日、受取人の名前が記されていない小包が届いた。

中に入っていたのは、若いカップルの笑顔の写真と感謝の気持ちが中国語と英語でつづられた手紙、そしてチョコレートや蒸気アイマスクなどの贈り物だった。

2人は昨年12月23日、観光案内所を訪ねてきた。ある観光スポットの入場券を購入しようとしたが、手持ちの人民元では足りず、クレジットカードも使えないため、外貨両替ができる銀行を探しているという。

銀行で外貨両替をするには予約が必要だ。2人は、1万円札のほかに小銭は1600円を所持していたため、観光案内所のスタッフは1600円を100元に両替してあげた。2人は感謝の気持ちを伝えて立ち去った。だが十数分後に再び戻ってきた。

先ほど両替してもらった100元では1人分の入場券しか買えなかったためだ。そこでスタッフ5、6人でお金を出し合い、もう1人分のチケットを買うようにと2人に渡した。2人はぎこちない中国語でスタッフたちに感謝の気持ちを伝えながら、入場券を購入し、手をつないで中へ入っていったという。

2人から届いた手紙には、可愛らしいイラストとともに感謝の気持ちがつづられていた。観光案内所のスタッフがメールを送り、手紙などを受け取ったことを伝えると、2人からは「ぜひ日本に遊びに来てください。その時は私たちがガイドを務めます」との返事が届いたという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事