米国はなぜ高速鉄道を建設できないのか―中国メディア

配信日時:2019年3月9日(土) 16時10分
米国はなぜ高速鉄道を建設できないのか―中国メディア
画像ID  1073269
第一財経は6日、米カリフォルニア州の高速鉄道計画が大幅に縮小したことに関連して「どうして米国は高速鉄道を建設できないのか」とする記事を掲載した。資料写真。
第一財経は2019年3月6日付で、米カリフォルニア州の高速鉄道計画が大幅に縮小したことに関連して「どうして米国は高速鉄道を建設できないのか」とする記事を掲載した。

カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は2月12日、サンフランシスコとロサンゼルスを結ぶ高速鉄道建設について、膨大な資金と時間を消費する非現実的なものとし、同州内の高速鉄道計画を大幅に縮小することを発表した。

記事は、高速鉄道計画はオバマ政権時代の2008年に住民投票で決定したものであると紹介る一方、建設決定から10年の間に「より長い鉄道、より高価でたくさんの高架橋」が必要であるとして建設コストが当初の330億ドル(約3兆7000億円)から倍以上の770億ドル(約8兆6000億円)にまで激増したと指摘した。

交通法が専門であるバークリー大学のイーサン・エルカンド教授は「これらのプロジェクトは終始十分な資金を確保することができず、最終的な支出は総じて赤字になっていた」との見方を示したという。

記事は、高速鉄道の建設をめぐって米国内の2大政党間で意見が異なっていることも、米国内で高速鉄道整備が遅々として進まない理由であり、「民主党は高速鉄道が環境保護や気候変動対策に有効と認識しているが、共和党は巨大なコストがかかるうえ、収益性が不透明だと考えている」と紹介した。

記事はさらに、民主党のオバマ政権期に米運輸長官を務めたレイ・フラッド氏が「米国で高速鉄道を建設するには連邦政府の決心と財政支援が必要だ。地方政府の大きな決心と財政支援はそれ以上に必要だ。米国には当然ながら高速鉄道が必要であり、カリフォルニア州の高速鉄道計画縮小決定は、明らかにニューサム知事の鉄道プロジェクトに対する長期的な視野不足によるものだ。私は非常にまずい決定だと思っている」と語ったと伝えた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Har***** | (2019/04/10 18:04)

    アメリカも高速鉄道を作ったほうが良いよ、 例えばワシントンとニューヨークとかその近隣とか、 カリフォルニアとロスアンゼルスとか、
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/03/09 19:42)

    そもそも前提条件が違う 米国で鉄道網を重要視しているのは人の移動じゃなく貨物の移動だよ 州をまたいで移動するなら先にも書かれてるけど飛行機で移動した方が早い 自家用車ならぬ自家用飛行機や自家用ヘリの所有数が桁違いなんだよ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/03/09 16:38)

    >米国はなぜ高速鉄道を建設できないのか アメリカ人が長距離移動するときは飛行機を利用する。僻地に行く場合なら自家用車の方が便利である。鉄道が活躍するのは、日本やヨーロッパのような国土の狭い国に限られている。アメリカや中国のように、国土が広くて、人口が分散している国では、高速鉄道は赤字になるのが宿命だ。むしろ中国のように赤字にも関わらず、路線を延ばし続ける方が異常なのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事