【募集中】韓国語社内スタッフ

中国が女子アイスホッケーで日本に完敗、メダルランキングはロシア1位、韓国2位、日本は13位―冬季ユニバーシアード

配信日時:2019年3月7日(木) 11時50分
中国がアイホで日本に完敗、メダル数はロシア1位、韓国2位、日本は13位―冬季ユニバ
画像ID  1073264
6日、騰訊体育は、ロシア・クラスノヤルスクで開催中の冬季ユニバーシアードの女子アイスホッケーで、中国が日本に完敗したと報じた。
2019年3月6日、騰訊体育は、ロシア・クラスノヤルスクで開催中の冬季ユニバーシアードの女子アイスホッケーで、中国が日本に完敗したと報じた。

同大会は6日に5日目を迎え、この日はスピードスケート・ショートトラックやアルペンスキーなどを中心に12個の金メダルが生まれた。記事は、韓国やロシアが着実にメダルを増やす一方で、中国はメダルを増やせなかったとした。

ショートトラックは中国の得意種目で前回のアルマトイ大会では5個のメダルを獲得したが、6日の男子1000メートルは韓国が表彰台を独占、男子5000メートルリレーも韓国が制し、ロシアが銀、日本が銅だった。女子1000メートルでもやはり韓国選手が優勝し、女子3000メートルリレーはロシアが金、日本が銀、カザフスタンが銅となり、中国はメダルを獲得できなかった。

女子のアイスホッケー予選で中国はスイスに勝ったものの、続く第4戦の日本戦では試合開始直後から3連続失点するなど終始相手にリードを許す展開となり、1‐5で完敗した。

6日時点の各国のメダル獲得数ランキングではロシアが金18、銀22、銅18の計58個でトップ。金6、銀2、銅4で2位の韓国を大きく引き離している。3位はスイス、4位はオーストリアとベラルーシ、6位はフランス、7位はフィンランドとなり、中国は金1、銀1でチェコ、ポーランドと並んで8位だった。日本はまだ金メダルがなく、銀1、銅2で13位となっている。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事