【募集中】韓国語社内スタッフ

スモッグの成因ほぼ明確に、国内2000人以上の科学者が研究支える―中国

配信日時:2019年3月6日(水) 16時0分
スモッグの成因ほぼ明確に、国内2000人の科学者が研究支える―中国
画像ID  1073035
5日、中国新聞網は、「スモッグの成因がほぼ明確に、国内2000人以上の科学者が研究を支える」とする記事を掲載した。写真は北京市内。
2019年3月5日、中国新聞網は、「スモッグの成因がほぼ明確に、国内2000人以上の科学者が研究を支える」とする記事を掲載した。

記事によると、全国政治協商会議の第13期第2回会議が5日行った記者会見で、全国政協人口資源環境委員会委員(民建)、生態環境部大気環境司司長の劉炳江(リウ・ビンジアン)氏は、「スモッグの成因がほぼ明確になった」とし、「研究の背後には、大気・気象分野の2000人を超える中国の一流の科学者の支えがあった」と述べた。

劉氏は関連データを引用し、中国は2018年に、鉄鋼の年産能力を3000万トン削減し、石炭火力発電装置の超低排出改造量が8億1000万キロワットに達し、世界最大のクリーンコール発電基地を建設し、1万3000台の工業炉を廃棄し、全国の石炭の1次エネルギー消費に占める割合が初めて60%を切って59%となり、2万3000台の小型石炭ボイラーを閉鎖したことを指摘した。

劉氏によると、関連措置の下、18年の中国の大気の質は継続して改善し、微小粒子状物質PM2.5濃度は前年比10.4%減少し、大気の質が「優良」に達した日数の割合は2.6ポイント増加したという。

劉氏はまた、「スモッグの成因がほぼ明確になった。その背後には2000人を超える国内の一流の大気・気象分野の科学者の支えがあり、国も約6億元(約99億8400万円)を拠出して研究を支えた」と述べた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/06 21:32)

    >PM2.5濃度は前年比10.4%減少し、大気の質が「優良」に達した日数の割合は2.6ポイント増加した そのわりにPM2.5は日本にまで到達するようになった。中国での観測結果なんて、政府が減らせと言えば減るものである。実際には悪化していても不思議ではない。 >その背後には2000人を超える国内の一流の大気・気象分野の科学者の支えがあり イエスマンを2000人集めただけであろう。発言をコントロールできない外国人は1人もいないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sho***** | (2019/03/06 19:36)

    5年前の話しだが、 瀋陽市内の発電所と商談したときに副総経理が「当所の脱硫装置や粉塵収集システムは全て日本から導入した」と自慢してた。 後日その話しを瀋陽市政府役人の知り合いに話したら 「稼働させるとランニングコストかかるから、あれは豪華なお飾りなの」 だってさ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/03/06 17:30)

    今時ろくな煤煙対策もしないで石炭みたいな時代遅れな熱源を使い続ければ深刻なスモッグが発生する事ぐらい小学生でもわかるだろう、こんな程度の分析に2000以上の科学者が必要だとはどこまで野蛮で原始的な国なんだという話である
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事