【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<サッカー>サンフレッチェ広島に勝利した広州恒大を「抗日専門家!」と中国メディア、広島には国内から「Jの恥」厳しい声も

配信日時:2019年3月6日(水) 11時40分
<サッカー>広島に勝利の広州恒大は「抗日専門家」? 広島には「Jの恥」厳しい声も
画像ID  1072977
5日に行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第1節で、サンフレッチェ広島が中国の広州恒大に2—0で敗れた。写真は広州恒大のサポーター。
5日に行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第1節で、サンフレッチェ広島が中国の広州恒大に2—0で敗れた。

中国のスポーツメディア・新浪体育は同日、「抗日専門家!。日本のクラブ相手にすでに13勝、4年前のリベンジ果たす」と題する記事を掲載。「広州恒大が日本のクラブと対戦するのは26回目。最終的に広島を2—0で破ったことで、恒大の“抗日”戦績は13勝8分け5敗となった。2015年のクラブワールドカップ(W杯)で逆転負けを喫したが、1171日ぶりにリベンジを果たした」とし、「過去の戦績から見ても、恒大は日本のクラブに対して優位にある」などと伝えた。日中のクラブが対戦するACLに関する報道では、中国メディアは時々「抗日」という表現を使用する。

なお、新浪体育は別の記事で「広島が日本のネットユーザーから『日本の恥』とバッシングされる」とも伝えた。この試合で広島は先週末のリーグ戦から先発メンバーを総入れ替えして臨んでおり、実際に日本のネットユーザーからは「(広島の)ACLに対する姿勢があまりにもひどい」「ACLにやる気のないチームは辞退してほしい」「勝つ気がないなら札幌に出場権を譲ってほしかった」「控えメンバーで勝てるほどACLは甘くない。広島の行為は実に問題」「広島はJリーグの恥。出場する権利を勝ち取ったと同時に、頂点を目指してベストな布陣で闘う責任を負ってるはず」など、厳しい声が相次いでいる。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事