Record China

ヘッドライン:

「文大統領の語る平和は詐欺」韓国議員が猛批判=韓国ネットからは賛否の声

配信日時:2019年3月6日(水) 10時30分
拡大
5日、韓国・朝鮮日報によると、最大野党「自由韓国党」の羅卿ウォン院内代表が「大統領の語る平和は詐欺」だと発言した。写真は韓国の国会議事堂。

2019年3月5日、韓国・朝鮮日報によると、最大野党「自由韓国党」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表が「大統領の語る平和は詐欺」だと発言した。

記事によると、この発言は同日に行われた党の院内対策会議でのもの。羅代表は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米朝首脳会談の成果と、韓国政府が北朝鮮の味方になって助けることばかりに言及している」と批判し、前日に行われた国家安全保障会議(NSC)について「北朝鮮の安全保障会議をしたのではないのか」と皮肉った。

また、「文大統領はこれまで『平和はすなわち経済』と語ってきたが、国民はもう『文大統領が語る平和は詐欺』だということを認識している」「(北朝鮮の)寧辺(ヨンビョン)の核廃棄では完全な非核化は不可能だということを全国民が知っているのに、政府だけが目をつぶっている」などと指摘。さらに「文大統領は米朝交渉の仲裁者どころか邪魔者だと言われている」「米国だけでなく海外メディアも第2回米朝首脳会談の最大のルーザー(Loser)は文大統領だと伝えている」などと大統領を批判したという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「スカッとした」「そのとおり。文大統領は詐欺師だ」「国民の9割以上が共感してるはず」「詐欺だけじゃないよ。国民の暮らしなどはどうでもよく、ただ北・北・北…」「羅卿ウォンは嫌いだが、言ってることは間違ってない」などのコメントが寄せられている。

その一方で、「平和がなくなることを望んでるのか?」「それで、おたくの党の政策は?。代案もないくせに。指摘するだけなら誰でもできる」「自分だったらうまくやれると言いたいようだな(笑)。政治家はみんな似たり寄ったりだよ」など厳しい声も多い。特に、羅院内代表が文大統領の新年記者会見について「不必要に日本を刺激した」と発言したことが波紋を呼んだことから、「羅卿ウォンが国会議員だという事実のほうが詐欺に思えるが?」など、羅院内代表をたたく内容のコメントも多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング