Record China

ヘッドライン:

アップルの折りたたみ式iPhone、サムスンがディスプレイ供給か―中国メディア

配信日時:2019年3月5日(火) 14時20分
拡大
4日、中国のテクノロジー系メディアの快科技は、米アップルが開発中とうわさされる折りたたみ式iPhoneについて、韓国のサムスン電子がディスプレイの供給業者になる可能性があると報じた。写真は中国国内のアップルストア。

2019年3月4日、中国のテクノロジー系メディアの快科技は、米アップルが開発中とうわさされる折りたたみ式iPhoneについて、韓国サムスン電子がディスプレイの供給業者になる可能性があると報じた。

記事は「中国のファーウェイとサムスンが折りたたみ式スマートフォンを発表する中、アップルは同様の製品のリリースについてどう考えているのか」とした上で、サムスンディスプレイが折りたたみディスプレイのサンプルをアップルに提供したと韓国メディアが報じていることを紹介した。

韓国メディアのETNewsによると、提供された折りたたみディスプレイは7.2インチ型で、サムスンが先日発表した折りたたみ式スマホの新製品「Galaxy Fold」より小さいサイズだといい、サムスンの折りたたみディスプレイ事情に精通している業界関係者は「サムスンディスプレイは、折りたたみディスプレイ事業を本格的に拡大して顧客を獲得するため、アップルとグーグルにサンプルを提供した」と話しているという。

記事は「アップルが折りたたみ式スマホをリリースする上で克服しなければならない課題は二つある。一つは折りたたみディスプレイの大規模な供給をどう確保するか。もう一つは製品の販売価格をどうやって下げるかだ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

中韓の折り畳みスマホ対決、「製品は互角、価格・重さ・厚さで勝負決まる」と韓国紙

中国のファーウェイと韓国のサムスン電子が相次いで公開した画面折り畳み式のスマホについて、韓国紙は「両製品は互角」で「価格・厚さ・重さで勝負が決まると」と伝えた。写真は中国メーカーのRoyoleが発表した折り畳みスマホ「FlexPai」。

Record China
2019年3月3日 10時0分
続きを読む

ランキング