【募集中】韓国語社内スタッフ

護衛艦「しらぬい」就役に専門家「周辺国は警戒高めよ」―中国メディア

配信日時:2019年3月5日(火) 23時0分
護衛艦「しらぬい」就役に専門家「周辺国は警戒高めよ」―中国メディア
画像ID  1072695
5日、中央人民ラジオ局のウェブサイト央広網は、海上自衛隊の護衛艦「しらぬい」が就役したことについて、周辺国家は強く警戒すべきとする専門家の意見を伝えた。写真はあさひ型護衛艦(出典:海上自衛隊ホームページ)。
2019年3月5日、中央人民ラジオ局のウェブサイト央広網は、海上自衛隊の護衛艦「しらぬい」が就役したことについて、周辺国家は強く警戒すべきとする専門家の意見を伝えた。

記事は、三菱重工長崎造船所が2日に海上自衛隊に対して「あさひ」型の2番艦である「しらぬい」を引き渡したと紹介した。

その上で、同ラジオ局の軍事ウオッチャーである尹卓(イン・ジュオ)氏が「しらぬい」について「多用途のミサイル護衛艦であり、新型の対潜装備を搭載し、海上捜索、対空警戒、対艦対潜などさまざまな任務を担当することができる。一方で、多用途を強調するあまりそれぞれの点において不十分な部分があり、対潜や防空などの分野で想定された役割を発揮できるかどうかは分からない」との見方を示したことを伝えた。

尹氏は、「海上自衛隊は水上艦艇を大型化、遠洋化しつつある」とし、「その背景には将来的に空母を保有し、空母を中心とした編隊を組もうとする狙いがある」と指摘。さらに、「現在の傾向は、アジア太平洋ひいては世界の安全、安定に悪影響を及ぼし得るものだ。日本が真珠湾攻撃を仕掛けたのは海軍が最初であり、その後の東南アジアへの攻撃も海軍が始めたことを忘れてはならない。艦船の大型化、遠洋化は日本の海外への干渉能力、進攻能力の向上を意味するものであり、これは周辺国にとっては良い知らせではない」と論じた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2019/03/06 03:04)

    >日本が真珠湾攻撃を仕掛けたのは海軍が最初であり、 真珠湾攻撃するのに海軍使わないでどうやるのか聞きたいんだけど? と言うかそもそも四方を海に囲まれた日本がミサイルも無い時代の戦争で戦うのに海軍兵力以外でどうやれというの? 言っとくけど、太平洋戦争で最初に攻撃を仕掛けてきたのは 中国軍の傭兵に擬態した米国軍人の部隊なんだよ >その後の東南アジアへの攻撃も海軍が始めたことを忘れてはならない。 言葉は正しく使いましょう、日本は東南アジアの国と戦ったのではなく 東南アジアを植民地支配していた国と戦っていたのよ 二次大戦での日本と戦った主要な国ってABDC包囲網を敷いていた A米国、B英国、C中華民国、Dオランダなんだよ そもそも陸軍兵力を輸送するのに海軍を使うんだから自動的に戦端を開くのは海軍になるのは当然だろ だけど緒戦での東南アジアでの主戦力は陸軍で有り海軍は陸軍のサポートでしか無いんだよ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • S.R***** | (2019/03/06 02:22)

    70年前の帝国海軍じゃないのに支離滅裂な解説!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2019/03/06 01:33)

    周辺国家は強く警戒せよ!って言っても、それは中国、南北朝鮮の三国だけだろう。他の周辺国は日本に期待してると思うぞ(笑)。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事