日本のコーチが語った中国サッカーに足りないもの、中国ネットで賛同の声!

配信日時:2019年6月19日(水) 17時50分
日本のコーチが語った中国サッカーに足りないもの、中国ネット賛同!
画像ID  1072660
中国のサッカー専門メディアの「中国足球報道」は13日、「日本のユースコーチが語った:中国サッカーに足りないのは教育」と題する記事を掲載した。写真は中国のサッカー少年。
中国のサッカー専門メディアの「中国足球報道」は13日、「日本のユースコーチが語った:中国サッカーに足りないのは教育」と題する記事を掲載した。

記事は、元北京国安の選手で、現在は八喜足球倶楽部の代表を務める郭維維(グオ・ウェイウェイ)氏が、日本のユースチームのコーチらと話し合う中で指摘された中国サッカーの問題点を挙げた。

日本のコーチからは、「中国サッカーは成果を出すことを急ぎすぎて、ユース年代の育成がおろそかになっている」「選手の失敗を深刻に考えるのではなく、多くの失敗を経験させることで成熟していく」などの指摘があったという。

また、中国のチームを指導したことのあるコーチからは、「中国の若い選手の中にはサッカーだけに没頭し、学業をおろそかにしている子どももいる」との指摘があったといい、「プロになれる選手は少数。(日本で)プロになれなかった選手は、起業したり、教師になったり、指導者になったり、記者になったり、普通のサラリーマンになる人もいる。教育がしっかりされていなければ、仕事をしていくのも大変。サッカーを通じて、全面的に成長することが大事」との考えが示されたそうだ。

このほか、中国の子どもを指導したことのあるコーチからは、「中国の保護者は子どもの荷物をすべて持ってあげるなど、甘やかす傾向がある。練習中に子どもに指示したり、大声で叫んだりする親もいる。練習の邪魔になることもあるし、選手たちの創造性と個性を奪ってしまう」という指摘も出たそうだ。

これに対し、中国のネットユーザーからは、「同意する」「これは本当のことだ」「確かにその通り。20歳までサッカーだけやって、プロになれなかったら何をすればいい?。教育は本当に重要」など、賛同する声が多く寄せられた。

また、「日中サッカーの差は教育。では、日中教育の差は何だろうか?」という疑問には、「体制の違いだろう」「管理する人の差かな」「中国の教育は有能な人材を生み出すためのものではなく、使いやすい人材を生み出すためのもの」といった返信が寄せられた。

ほかにも、「中国の教育問題はサッカーだけでなく、あらゆる面に表れている」「成果を急ぐのは現代の中国人の国民病」「役人が支配する体制が変わらない限り、中国サッカーは変わらないよ」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/06/19 19:58)

    >20歳までサッカーだけやって、プロになれなかったら何をすればいい? プロサッカー養成学校のコーチになればいい。そして養成学校の卒業生もコーチにすれば、支店を増やすことができる。子供をプロ選手にしようと思う親がいる限りこの商売は続いて行くだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事