Record China

ヘッドライン:

東京マラソンに参加した在日中国人はおよそ3000人!―華字紙

配信日時:2019年3月5日(火) 19時40分
拡大
華字紙・中文導報は、3日に行われた東京マラソンに約3000人の在日中国人が参加したと伝えた。

華字紙・中文導報は、3日に行われた東京マラソンに約3000人の在日中国人が参加したと伝えた。

3日に第26回東京マラソンが行われ、3万7000人以上が参加した。外国人の参加者は7917人で、このうち中国人は3000人近くに上ったという。記事は、中国の李偉(リー・ウェイ)選手が2時間19分で43位になったことも伝えた。

東京マラソンに参加する在日中国人は年々増加しており、多くのマラソン愛好家が申し込んでいるが、当選確率は高くないと記事は指摘。今年の申込者は33万1211人で、このうち33万271人がフルマラソンだったが、当選したのは2万7370人で、確率はわずか8.28%だったという。

当日には、多くの団体が旗や垂れ幕を持って応援に駆け付けた。東京華人マラソン倶楽部では、応援団を募集したところ100人以上が応募。当日は雨だったものの日本橋などに選手のためのドリンクや果物などを準備し、中国国旗や横断幕を掲げてエールを送ったという。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国のマラソン大会でまた騒動、今度は審判員が選手用のパンやバナナくすねる

8日、中国のマラソン大会では昨年、ランナーの不正や大会スタッフの問題行為が相次いで伝えられたが、今度は6日に福建省アモイ市で開催された「2019アモイマラソン」で、審判員が選手用のパンやバナナをくすねるという騒動があったという。資料写真。

Record China
2019年1月8日 16時20分
続きを読む

ランキング