Record China

ヘッドライン:

成田空港で日本人が90度のお辞儀、中国人VIPの正体は―中国メディア

配信日時:2019年3月5日(火) 21時40分
拡大
4日、新浪体育によると、中国の映画俳優が日本の空港で中国囲碁界の「レジェンド」がVIP待遇を受けるのを目撃したというエピソードをテレビ番組の中で披露した。写真は聶衛平氏。

2019年3月4日、新浪体育によると、中国の映画俳優が日本の空港で中国囲碁界の「レジェンド」がVIP待遇を受けるのを目撃したというエピソードをテレビ番組の中で披露した。

エピソードを披露したのは、中国のベテラン俳優・謝園(シェ・ユアン)さん。謝さんは「以前中国映画代表団のメンバーとして日本の映画祭に参加すべく成田空港に降り立った際、入国審査でしばらく足止めを食った。空港の係員によれば、VIPを先に通すためだという」と語った。

そして、謝さんが代表団の通訳に事情を尋ねると「もうすぐ聶衛平(ニエ・ウェイピン)氏がやってくるらしい。われわれも70度のお辞儀で迎えなければ。もちろん90度でもいいけれど」との返答があったという。

聶氏は1980年代から90年代にかけて世界最強と称された囲碁界のレジェンドだ。謝さんは「しばらくして、聶氏が本当に出てきた。そして臨時に設けられた入国審査免除の通路を意気軒高たる様子で通り過ぎて行った。通路の両側にいた日本人は90度のお辞儀をしていたが、聶氏は気にかけることなくそのまま出て行ってしまった」と語っている。

記事は「その時、謝さんは聶氏にあいさつしようとしたが、あまりにも人が多すぎて近寄れなかったとのこと。このエピソードから、聶氏が当時日本で受けていた尊敬ぶりが伝わってくる」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング