Record China

ヘッドライン:

中国のAIアナウンサーに韓国メディア「日本の技術より上」

配信日時:2019年3月7日(木) 0時10分
拡大
米華字メディア・多維新聞によると、中国の人工知能(AI)アナウンサーについて、韓国メディアが「日本よりも先を行っている」と報じた。

2019年3月4日、米華字メディア・多維新聞によると、中国の人工知能(AI)アナウンサーについて、韓国メディアが「日本よりも先を行っている」と報じた。

記事は韓国紙・中央日報の4日付報道を引用。中国政府系メディア・新華社が3日に世界で初めてとなるAIによる合成女性アナウンサー「新小萌(シンシアオモン)」を発表したことを紹介。新華社の公式サイトや各種SNSで利用されるとし、特に突発的な報道の中で速やかにニュース動画を作る点において、「新小萌」の技術は報道の時間的効果や品質の向上につながると説明した。

中央日報は「新小萌」について、「人の表情やしぐさを自然にまねることができ、言葉も自然。以前日本で公開されたAIアナウンサー技術よりも一歩進んでいる」と評した。

また、英ロイターも4日にこの件について報じ、「このAI合成アナウンサーのリアルさは、中国がAI技術力を高めようと努力していることの表れだ」と評価した。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング